神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri

2006年 05月 15日 ( 2 )

家にいると誰とも話さない日もある
簡単な用事は電話よりメールで済ますので、失語症になるのではないかと思ったりする。
テレフォンコールの電話は時として言葉のトレーニングになる。

「いま、来客中ですので」
「食事中ですので」
「買ったばかりで、しばらくは」
「相談しないと決められません」

おおかたはきっぱりとお断り申し上げている。
断り方はいろいろあるが、最近は断って、納得してもらってから、なが~い電話になるときがある。

今日も肝心の「株」の話はそこそこで、彼の近況報告のような按配だった。

旅行の話になって、遊びに行ったあちこちを聞いた。
出身は去年の花博の会場近くで、名物のうなぎの話や、最近養殖している「ふぐ」の話を聞いた。

東京にいるときより家賃は半分で広さは二倍になった住まいで、たまには自炊もしていると言ってたなぁ。

自転車を買ってサイクリング通勤をしているそうだ。

堅実だよ。君は。

でも、いいのか?
おばさんとこんなテレコールをしていて。
by ai-bannri | 2006-05-15 22:28 | 日記・あれこれ

母の日―5月14日

軽いボランティアを一緒にしている人から誘いがあって、映画会の受付をしにいく

受付のお名前記入の用紙はA3を横に使って1枚に20人記入できるものを作ったが、出席者が高齢の人が多く、書きづらいようだった。

15人分ぐらいでよかったかな、と少し反省
余分に作った紙は「若い人の催し物のときに使ってね」


津川雅彦主演の「プライド 運命の瞬間」
東京裁判を再検証するドラマなのだが、会場が映画の映写をするただけに使われるところではないために、非常に見にくかった。
登場人物の判事などは当然のことながら英語で字幕スーパーが出る。
これが見辛くて、乱視用の眼鏡を持っていかなかったので何も分からなかった。
英語は半分も理解できなくて、東京裁判を知らなかったら映画もさっぱり面白くないところだった。
去年ディスカバリージャパンでみた極東国際軍事裁判のほうが良かった
友人が、ちゃんと見たいねというので、あとで息子に「家にある?」と聞くと
「僕がおもろないと判断したのあるわけないやろ」と一蹴された。

夕食の買い物に食材を選んでいると三女からメールがあって
「今日はうちで晩御飯にするよ。母の日だからね」

篭に入れてあった魚や肉を返しにいく。

息子からも同じメールがあって、いったん家に帰りイタリアで買ったワインを持参して三女の家に、

長女は夜勤で欠席。
by ai-bannri | 2006-05-15 10:36 | 日記・あれこれ