神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

坂本 職人の技

d0038294_739389.jpg
蕎麦屋の駐車場に車は置かせてもらって、店の人に教えてもらった道をとって滋賀院門跡に行く。
坂本は比叡山のケーブルの上り口だけれど、由緒のある神社や寺があり見所の多い観光地でもある。
緩やかな坂を歩く道の両側に穴太衆が積んだ石垣が続く
このあたりに住んでいた石垣積みの職人たちは穴太衆(あのうしゅう)と呼ばれて各地の大名に呼ばれて城の石積みをした。
およそ30人が一組になって遠くは江戸城から小倉、四国の城の石垣も彼らの手による。
野面積みで自然石の形状を生かして大小の石を取り混ぜて積んである。
無造作に見えるがこれが崩れたのを聞いたことはない
d0038294_746931.jpg

石には苔が生し、上に植えられた生垣はしっかりと根を下ろして渾然一体化して町並みの景観を高めている

滋賀院門跡は里坊のなかでも、格式が高く、比叡山の座主の老後の生活の場所だった
天海僧正のためにここが里坊として与えられ御所の建物を移した。
後水尾天皇より滋賀院の名を賜った。
d0038294_8374594.jpg

入り口すぐの間に掲げてある「亡己利他」の書
最澄は自著『山家学生式(さんげがくしょうしき)』のなかで「忘己利他慈悲極」と説き、これが大乗仏教の根本思想であり、釈迦が説いた仏教の原点だと考えた。
「もうこりたはじひのきわみ」と読む。
音だけを聞けば、最澄が説いた教えが現代人の思惑に変化しているようで面白い

d0038294_8473829.jpg

杉板の衝立に描かれている絵は江戸初期の狩野派のもの。
この寺はどの部屋も写真はOKでフラッシュも焚ける。
いいのだろうか?丸山応挙の絵だって目の前にある。

順路に沿って進んでゆくと部屋ごとに江戸時代の名手の手による襖絵や大ぶりの書がかけられている。
何の保護もしていないので今までの200年余で落剥したぐらいには年とともにかすんでいくのだろうかと余計な不安に襲われる。

左手の庭を見るとそこは「蹴鞠の庭」と案内がある
d0038294_23585412.jpg


もっと詳しい写真はHP滋賀院門跡に紹介されている
今は植え込みが多くて鞠などの遊びはとても危ないが、300年前は何もない庭だったのだろう。
60歳を過ぎてからすんだといっても天台座主の出自は高貴なものだ。
慣れ親しんだ遊びをしたり、見たりして楽しんだに違いない
蹴鞠
ボールを蹴って遊ぶのも、大和民族とアングロサクソンではずいぶん趣は違うと、あのサッカーの試合(中国:北朝鮮)の激しい場面を思ってしまった。

d0038294_0125041.jpg

現在でも延暦寺の大きな行事には使われる輿が置いてある
実は滋賀院門跡は明治18年に火災で焼けて御所から移した当初の建物は消失した。
里坊としてはもっとも重要なものだから調度類はお山からかなり移されたらしい。
江戸時代のものが多い。
この輿は200年ほど前に作られたもので10人がかりで担ぐんだそうだ。

小堀遠州の作の庭が見える部屋の一つに釈迦涅槃の図がかけられているが、川に泳ぐ魚まであるのは珍しい。
それに、さまざまな動物の中の「象さん」のユニークなこと!
d0038294_0222546.jpg

見たこともないものを描けばこんな風になる
by ai-bannri | 2006-07-30 07:30 | 旅行