神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ものをくれる友

徒然草のどこかの章に「ものをくれる友は良い人だ」ってかいてあったわ。
しみじみとそう思うわ、ありがとう、というと「こんなもので悪かったな」とおちょくられたとおもった友が応える。
幼馴染3人が彼の車に乗せられて訪ねてくれた。(11月26日)
私はありあわせの食材で散らし寿司、椎茸・高野豆腐の炊き合わせと里芋を味噌だれに絡めたものを作って昼餉に待っていた。
大きな枝に赤い実がびっしりとついている。
なんという名前だろう。
「聞くな、勝手に俺の山にはえたもんで名前は知らぬ」
d0038294_19145712.jpg


あまり生の木や花は生けたことの無い壷にたっぷりと水を入れてさす。
台にかけてあるカバーは神戸の友にもらったひざかけだ。

2年前から栽培を始めたという椎茸が見事なできばえでそれも早速焼いてポン酢を添えて出す。
なんねんも何年もの年月が瞬くうちに溶け出して幼いころの風景がある。
d0038294_19184970.jpg
孟宗竹の細工ものももらった。
一株100円のシクラメンを植えてみる。
by ai-bannri | 2006-12-05 19:20 | 荒磯のうた

どうだんつつじの寺

久美浜に向けて出発する際にTさんが新聞に出ていたからと切り抜いた記事を見せた。
開け放たれた本堂の向こうに鮮やかな紅色のどうだんつつじが溢れるほどに迫っている写真だ。
d0038294_21281463.jpg

時間があれば行きに、無ければ帰りに寄りましょうと、久美浜を後にして花の寺も参拝したあと但東町を通る道を帰り道に選び安国寺に向かう。
市町村合併でここも豊岡になったのだろう。道路標識が「豊岡市」なっていてすこし心もとない。
3年前に神戸の友人たちと琴弾き浜のカニ料理の後出石のそばを食べての帰りにたどった道だ。
小雪の降る日だった。
私はその日の旅行記を掲示板のスレッドにUPしたけれど・・・・
こんなところもナビはなんなく導いてくれて迷うことも無い。
小さな寺にしては参拝客が多い。みんな新聞を見てきたのだろうか。
それでももみじも銀杏の木も無いわねといいながら石段を登って本堂の前に立つとみんなはハッと息をのんだ。
これを植えた時の住職は年にいっときの極楽浄土をひとに見せるのを至福の思いでいただろう
なお「安国寺」という名前の寺は足利尊氏のころ全国に66の同じ名前の寺が立てられた。
HPもないのでどうだんつつじの季節が終わればぐぐっても出ないかもしれない
来年のために。
見ごろは11月一杯がよい。
豊岡市但東町相田にある
by ai-bannri | 2006-12-04 21:45 | 旅行

上場のコスモス

空港においてある時刻表の表紙に目が止まった。
コスモスが山を覆いつくすように咲き乱れている。
どこの写真ですかと問うと、「出水市の上場です」

ナビに上場を入れて走る。しばらくは川内川の両側の見事に実った黄金色の稲穂を眺めて西に向かう。
このあたりは台風の被害にあって田も畑も家も水に浸かったところだ。
去年、このあたりにとても良い家を見つけて何回か身に来たことがある。
都合が悪くて断念したが、住んでいたら隊大変なことになっていたに違いない。
何が幸い荷なるか分からないものだ、などと思ううちに幹線道路を離れて山道に入ってきた。
うわぁ、ナビを信用しているけれど、これが無ければ道に迷ったと思うだろう。
狭い、暗い、曲がりくねっている。林道かこれは。
d0038294_3191355.jpg

ひとつの山の斜面がコスモスで覆いつくされている、先日みた万博公園のコスモスも良かったけれど、ここはすごい。
管理組合が育てた苗をボランティアの400名ほどが植えるんだ。
ところどころ広場のようなものがあってお弁当を食べている人たちがいる。
お弁当を持ってくれば良かったと思いながら、草スキーのようなもので遊ぶ親子づれをしばし観察。
d0038294_3282720.jpg

大きな大木の下にも一塊の人の輪がある。
目を遠くにやれば実った田んぼの向こうは山並みが続いている。

駐車場の隣にはわらで作ったとんがり帽子がいくつもあって「古代マーケット」の看板が見える。
d0038294_334280.jpg
あの中でものを並べて売っているようだ。
古代の商品ではないが。
by ai-bannri | 2006-10-16 03:34 | 旅行

万博公園のコスモス

新聞の折り込み広告に万博公園のコスモスの写真があったので、思い立って母を誘った。
雨なら中止ね、と約束した次の日早く起きると夜半から降り続いていたような雨だけれど、天気予報は一日中雨のマークは無い。
10時ごろになっても止まないなら取りやめの電話を入れようと待つうちに空は明るくなって陽もさしてきた。
実家に行き、兄がいれてくれたコーヒーを飲んでいるとまた霧のような雨がふる。
「風が西に向かって吹いているから雨雲も流されているのよ」
天気予報は晴れだしねと義姉が私の思っていることをいう。
近場だし迷うほどのこともないと、11時ごろに家を出た。
昭和45年に開かれた大阪万博の跡地は一部は阪大病院や住宅にもなったが大方は公園となって残されている。
コスモスは自然文化縁にあるが、まずは日本庭園の入り口近くの駐車場に車を止める。
駐車料金1日1回1200円
d0038294_325048.jpg

250円でチケットを買って中に入る。
何人かの園内をガイドする年配の方がいるがボランティアだろうか。
耳の聞こえない母の供なのでガイドは頼めない。
まずはお弁当を食べましょうと無料休憩所に。
今まさに色づく準備をしている木々が生い茂っている。
そこから滝が流れて広い池を作って目の前に広がっている。
池の背後は芝生の山、山裾にはつつじの刈込が見える。

食事の後、園内を散策する。
すぐに「山野草の展示会」の表示が見えたのでそちらに回る。
d0038294_338962.jpg

鉢の前に名前があるのを見ると愛好者の提供なのだろう。
茶席に良く使われる、ホトトギスは変わった色や形のものがいくつかあった。
ミズヒキの葉に斑が入ったのがある。
d0038294_3422180.jpg

即売所もあったのでほしいものもあったけれど、この先の生活を思えば、ちゃんと育てられるか心もとない。





バイモユリ(貝母百合)の球根を少し買う。
d0038294_3472597.jpg












d0038294_3524953.jpg

霧のような雨を避けて雨宿りをするように軒下に母の乗った車椅子を寄せて山野草を見たあと道を少し行くと竹林がある。
よく手入れされた幾種類かの竹が茂っている。

日本庭園はとても広い。集められる限りの日本中の植物を植えている感がする。
竹林から滝のある庭をとおり針葉樹林のトンネルをくぐる。
d0038294_2054786.jpg


日本庭園だけで2時間ほど歩いただろうか。
車椅子が携帯用のものなので車輪が小さい。坂道を降りるときは母は怖そうにしていたが私はもっと怖かった。
日本庭園を出て自然文化園を歩いて花の丘でコスモスの盛りを見る
d0038294_20572979.jpg

by ai-bannri | 2006-10-10 03:33 | 日記・あれこれ

美しい伊吹山

そのままよ月もたのまし伊吹山 =芭蕉=       
d0038294_15484953.jpg

夏の伊吹山はことのほか美しい。
1300メートルの山頂付近には色とりどりの花々が咲き乱れ、野鳥の声も麗しい。
お花畑を見に来る訪問者の列は白いトリミングのようにも見える。
雲に続く細いロープのようにもみえる

彦根で娘たちはホテルのプールに行くと言うので、その時間は母をどこかに連れて行かねばならない。
心積もりはしていたが念のために聞く。

どこに行く?と聞くと
「わたしはどこでもいい、みんなが行くところでいい」と答える。
状況を全然わかってくれない。
大きな紙に理由と行く先をいくつか書いて見てもらう。
年寄りにはありがちな性格だけれど、選択肢の中でまず、けちをつけるの選ぶ。
「お城なんか見たって・・・」
「蓮の花か・・・」

じゃぁ伊吹山にするよと言うと聞こえてはいない。(実際に聞こえない)
車を東に向けて伊吹山のドライブコースに入ったあたりで、「こんなところにプールがあるのか?」と聞く。
慣れているからいいけれどね。こんなシチュエーション。

山頂の視界が良いことを祈りながら坂道を走らせる。
たぶんだめだ、麓からも、中腹に来ても頂は見えないのだもの。
それでも山肌のあちこちから細い滝のようなものが流れ落ち、道の両側にはねむの木の薄ピンクの花が揺れている。
平日なので少しも渋滞せずに山頂の駐車場に着いた。
d0038294_16525383.jpg
車椅子ではとても登山道は行けない。
下界の琵琶湖は案の定何も見えない・
レンズを望遠モードにして山肌の白い花の群生を写す。
エビネ蘭だろうか。
駐車場の柵の下に薄紫の花もあった。




d0038294_1701498.jpgこれと同じなのだろうか。
時間待ちをしているバスのドライバーに伊吹山の様子を聞くと、
まだ「シモツケソウ」が満開にならないのでピークは先だと言う
お盆のころかな。

夏の伊吹山はホームページ「伊吹山花紀行」に詳しい


山の空気をしばし楽しんでいたら、「墓参りにはこの後いくんか?」と言い出した。
急いで彦根に取って返し昼食は出来合いの弁当で済ませて高速道路を大阪へ、北摂霊園に着いたのは閉園5分前だった。
私たちが入るなり門は閉じられて墓参の帰りは裏道を帰った。


むちゃくちゃに気疲れした家族旅行だったけれど次女が
「晩御飯はうちでかんたんにすまそうか」と言ってくれた。
君のパワーは敬服ものだよ!

マイカルに立ち寄り惣菜などを買って次女の家で夕食
あと、母を実家に送り、その間に三女は子供を風呂に入れるなどして待つ。
みんなを送って帰宅したら10時



彦根プリンスホテル朝食とも大人4人子供一人分で45000円
伊吹山ドライブコース3000円
ガソリン代7000円
高速料金5000円
飲食費20000円
お土産ほか 5000円
by ai-bannri | 2006-08-06 15:52 | 旅行

 7月28日 蓮のうてなに


d0038294_1842885.jpg
7月も終わりになり、月が明ければ店先には盆の飾りが並ぶことだろう。
冥界に住む人たちは出会いを楽しみにしているのだろうか。

蓮のうてなはどんな具合だろうと思う。
その答えがあるように広々とした琵琶湖の入り江いっぱいに蓮の花が咲いている。
それは、向こうの三上山の辺りまで届くかのような錯覚さえ覚えるほどだ


まえに神戸で食事をした時に草津の蓮の話題が出て頃のよい時に行きましょうねと約束していた。
中ごろ辺りを目安にしていたのだが4人の都合が会わなくてこの日になった。
ところが連日の雨で例年よりは開花が遅れたのだろうか、前の日に開花状況を見ると、満開に近いらしい


草津市立水生植物公園みずの森
〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091番地 TEL:077-568-2332
d0038294_16194359.gif

名神の勢田西インターチェンジを降りて湖岸道路にとり草津の烏丸半島へ向かう
神戸を9時に出て植物園に10時50分に着く
私は9時45分に拾ってもらった。
入園料300円、駐車場は無料

入り口近くの駐車場はすでに満杯で、夏休みのせいと思ったけれど、中には子供の姿はない。


d0038294_16371942.jpg門を入るとまずは鉢植えの蓮の花が出迎えてくれる。
細い茎に大ぶりの凛と咲く花






池があって回遊して花を楽しんでいる。d0038294_16515826.jpg
季節はずれの訪問者にも飽かせぬようにほかの花々もあるが、暑さに柏葉アジサイはドライフラワーになりかけている。

自分たちが入った反対側にも門があって、そこは広い蓮田に面している。
半券にスタンプを押してもらって外に出て、壮大な極楽浄土の光景を見た


レンコンや茎を折るとかすかに引く糸状のものがあるが、これを撚ると糸になるらしい。
絹糸よりも細いほそい・・・・
ただ、含まれるものは非常に少なくて、ここの広大な蓮池の全部をつむいでも手のひらに乗る鞠ほどの量しかならないという。

中将姫の根気に敬服・・・
奈良県の当麻寺に伝わる中将姫の伝説

また園内に戻り、コーヒーを飲んだ後、温室の睡蓮を見る
d0038294_18361764.jpg

by ai-bannri | 2006-07-29 16:46 | 旅行

六甲山に抱かれて

d0038294_23273690.jpg
風雅舎は山陽自動車道の三木東インターを出たところにある。
ガーデニングの店で店内でお茶を飲む場所もある。
モデルの庭がいくつか造られてあったが、ホームページの写真を見るともっと手入れされているようだ。
きょうの風雅舎は野趣にあふれて、ある意味風雅かな?d0038294_23325229.jpg
畳半分ほどの広さの花壇にさまざまな野菜を植え込んである。茄子は早くもがないと大きくなりそうだし、セロリは何枚も茎を取った後がある。
ハニーコーンは3人ぐらいで噛み付きたいほど大きい。
数えてみたら14種類の野菜が植えてあった。(写真撮影は失敗)


d0038294_23401833.jpg
珍しい種類のバラや見たことのない花もある。
=ブラックキャット=
池のほとりのハンゲショウは良く茂っている

d0038294_23423244.jpg



欲しいものもあったが、道を聞くだけで風雅舎を後にした。
店員さんの感じは良い

車を10分ほど神戸に向かって走らせるとMさんが本で見たという「日曜舎」がある

もうこのあたりは神戸の北区になる。回りは山ばかりだけれど。
コース料理や、先客が食べているハンバーグもおいしそうだったけれど、風雅舎ランチを注文する、
d0038294_2354233.jpg
15種ほどの料理が一枚の皿に盛り付けられている。1890円
どれもとても美味しかった
最近デパ地下の弁当やファミレスの和食など、食べる機会が多いのだが、この皿の鮭やだしまき卵は作りたてのように美味しかった。
この皿の他に、ご飯と味噌汁香の物、最後にデザートがつく。
お水がとても美味しいと思った。六甲山の湧き水を使っているんだろうかd0038294_23592995.jpg

日曜舎の紹介はtakoさんのブログが詳しい

美味しかった。他のメニューもいつか食べようね。と頭の中でここに来るためのドライブのコースをあれこれ組み立ててみる

食事の後、まだ時間はあるねと、森林植物園をナビに入れてアジサイの花を見に行く。
d0038294_013279.jpg



入り口近くの売店に苗が売っていた
ひときわくっきりとした朱の額アジサイを訪ねたところ、それは見本で苗はとうに売り切れた。
次に入るのはいつですか?
「来年の5月です」

覚えていられるだろうかと、せめては写真に撮る。

d0038294_1149949.jpg
 この写真は森林植物園のホームページから
外(と)つ国の 人の愛でます オタクサの 今を盛りと 群れ咲く神戸
これは某巨大掲示板に数年前に書き込んだもの。
シーボルトは数々の日本の職別の標本を持ち帰ったが、山アジサイはことのほか気に入ったらしく、日本の妻の名をとってオタクサと名づけた

アジサイは流行り青いのが和むわね
とはいうものの、新しい品種のものも良い。

ここの植物園はおびただしい木々のなかにアジサイが植えてあることだ、再山の裏に位置して神戸の街のすぐ近いところにあるのに充分な森林浴が楽しめる
d0038294_11573171.jpg

このあたりには日本古来の品種が植えられている。
シーボルトが紹介したものの、日本では見かけられず「幻のアジサイ」といわれていた「シチダンカ」は、昭和54年に六甲山の山中で発見された。
今は市中の園芸店でも見ることがある

d0038294_1225831.jpg


アナベルなどの真っ白でゴージャスなものもたくさんあったけれど「なばなの里」でUPしたと思うので今日は珍しいものを少しご案内

d0038294_12143059.jpg
デジカメの電池が切れてやむなく携帯で写した。
花の色が正しく表現されない・・・・
d0038294_12172697.jpg








d0038294_12202831.jpg



葉がみかんにそっくりな「ミカンバガクアジサ」もあった

d0038294_12245620.jpg








森林植物園、
駐車料金500円、入園料300円

 
by ai-bannri | 2006-07-01 00:15 | 日記・あれこれ
d0038294_2124957.jpgみのもんたがテレビでしゃべったら、ビニール袋を手に何人も入ってきて山の斜面に咲いていた、アザミの花を根こそぎ盗って行った。
毎年のことだけれど今年は特にひどい。
プランターで栽培しているのまで取っていこうとする。
笹ゆりも以前はもっとあったんだけれど、盗む人は茎を持って力任せに引き抜くので土中のゆり根に穴が開きそこから腐って根絶やしになっていく。

高槻花菖蒲園の中で、草木染や泥染めで服やスカーフを作って販売しているマダムが嘆いていた。
今は珍しい綿ローンのブラウスを「預かったんだけれど」と格安で販売していて、Oさんが1枚買った。
その後いろんな話に花が咲き、「ハーブティはいかが?」とそこに茂っているミントの葉をちぎってお茶にしてくれた。
ハーブの効目はすぐにでて、体がポカポカしてくる。

マダムはとても多趣味な人で、古布や古裂を使ってワンピースやジャケットを仕立てている。
店の周りの田を少し借りてハーブ園を作りたかったけれど森林組合の意見が合わなくて断念したという。
彼女はもう15年もここで店を出しているが、未だに土地の人からは「よその人」扱いのようだ。

日本の農政の一端のさらに端っこを見たような気がする。
おまけにその予定地は椎茸の原木の貯蔵地になってしまっている。
5年ほど前に来たときはそこも見事な花菖蒲が咲いていたのに。
管理している組合の農家の人たちが高齢化で手が行き届かないのだそうだ。
完璧に手入れされた、「永沢寺」や「なばなの里」を見た後だけに地元の名所が寂れていくのはつらい。
d0038294_21271453.jpg


菖蒲の後はアジサイ園として開園するのだけれど、目の肥えた観光客を満足させられるのだろうか?
高槻花菖蒲園入園料金800円
場所 大阪府高槻市大字田能小字 法谷1-1
お奨めの花 3月 桜 4月 水芭蕉 5月 石楠花 6~7月 花菖蒲 7月 あじさい
秋には付近のもみじ葉が彩りを添える。
by ai-bannri | 2006-06-24 21:40 | 旅行
なばなの里はいわゆる「輪中」の中にある
伊勢湾台風のときの大規模な災害を契機に木曾三川の治水工事は完璧なほどに行われたようだ。
輪中に住み人が災害のときに備えて船で脱出するなどという話はついぞ聞いたことも無い。

それでもここには調整池がある、
洪水や高潮などのとき水を溜めて被害を少なくするものだ
そこに花菖蒲とアジサイを植えてある。
膨大な面積だ
d0038294_1851115.jpg

この日は朝からゴージャスな花ばかり見て多少のことでは驚かない
感激はうすいなぁ・・・・
そういえば、朝に伊勢志摩ゆりパークで会った人に、
きれいですね、すごいですね。というと
「なばなの里はこんなもんではないですよ」と言っていたっけ。
なるほど・・・・
d0038294_18592313.jpg


d0038294_1901261.jpg


万歩計を忘れたのでどれほど歩いたか分からないが車椅子を押してアップダウンのあるところを長時間歩くのはかなり疲れてきた
母も疲れているに違いない
ここには温泉もあって1500円で入浴できるのだけれどそんなことを言っている場合ではない。
あと250キロを運転して帰らねばならないのだ。
長い通路に置かれた色とりどりのアジサイを見ながら出口に向かう

ユングフラウローズ
d0038294_19642100.jpg


城が崎
d0038294_1973365.jpg


アナベル
d0038294_1982551.jpg


緑花アジサイ
d0038294_1985711.jpg


隅田の花火
d0038294_1994434.jpg


パリ
d0038294_20401223.jpg


十二単
d0038294_20405555.jpg


渥美絞り
d0038294_2041364.jpg


なばなの里アクセスマップ
d0038294_20472625.gif

by ai-bannri | 2006-06-22 19:12 | 旅行
d0038294_105246.jpg
伊勢志摩ゆりパークの見事なゆり
ここは4月の下旬から7月までのおよそ3月の公開で旬を過ぎると閉園するのだという
d0038294_162667.jpg

背後の山すそには山の木木に混じっていろいろな種類のゆりが咲いていた。



d0038294_175740.jpg

カサブランカはゆりの女王か?






d0038294_1978.jpg
ストライカーって名前のゆり


温室の中も見事
d0038294_1152362.jpg


車についているナビが5年も前のだからそれ以後に開通した道や新しい施設は表示されないので戸惑うことがある
ゆりパークは他の人のブログで見たのだが「ゆり園」と書いていたので公式ホームページを見逃してしまった。
国立公園の中なので案内表示板はやたらに設置できないらしい。
それに、年のうち3ヶ月ぐらいの開園なら県の観光課も力が入らないかもしれない。

園内はなだらかな斜面の道があるが玉砂利なので小さいタイヤの車椅子の操作は困難だった。
貸し出しの車椅子もあるようなので電話で予約して借りたほうが良いだろう。
ここは弁当など持ち込んで、花を見ながら食事をしても良い
軽食やコーヒーなどを注文する場所もある。

入園料1000円
by ai-bannri | 2006-06-22 01:15 | 旅行