神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:花の寺 ( 11 ) タグの人気記事

久美浜の蟹

ひとつきに一度「関西花の寺」のどれかに参っている。
本当はその寺の一番の見ごろを見たいところだけどさまざまな都合があってそうもゆかぬ。
それにどの寺も春や秋の盛りが美しいとあっては、いっときのうちにあちこちに行かねばならぬ。
でも今月はもみじの名所に行きたいものだと思ったが、ほかのメンバーは蟹が食べたくて、そのあたりの寺を探したら7番の宝珠山如意寺に決まった
カニ料理は久美浜の「宝来」に予約
舞鶴道を福知山まで行き夜久野あたりから山越えで日本海に向かうのが一番早いのだが、交通情報で舞鶴道が事故渋滞だというので中国道を福崎までゆき播但道に出るそれを和田山まで。
少し9号線を走って豊岡の街中を抜けて久美浜まで、およそ3時間30分。

久美浜は天橋立のような長い砂州があってそこは「小天橋」と呼ばれている。
その小天橋の中ほどに目当ての店があってナビは簡単に導いてくれた。
寺の参りは後に回してまずは座敷に上がってテーブルに着く。
このあたりで揚がったものだろうか魚の刺身の小さな盛り合わせが出ている。
陶板の鍋と土鍋が準備してあって、始めに陶板鍋で蒸し蟹。
蟹酢や蟹味噌も別のさらに盛ってあり、テーブルの上にはその後につづくかにスキの材料が山盛りとある。
この値段なら内の近くにある「蟹道楽」で似たようなものが食べられるんじゃないかとおもうけれど、はるばると日本列島を縦に走って日本海のほとりで食べるのがまた何ともいえずの食堂楽だろう。
天然温泉とある湯もあるので、時間はせくけれど、カラスのような湯浴みをした。
by ai-bannri | 2006-11-30 21:25 | 旅行

花の寺―福知山の観音寺

d0038294_1703074.jpg関西花の寺の1番の札所は京都府福知山市にある。
補陀洛山 観音寺だ。
紫陽花寺として知られるようになってから15年ぐらいらしい。
駐車場の横が仁王門でそこから山盛りの紫陽花の花だ。

道順にしたがって小さな門をくぐると足元に可憐な花がびっしりと咲いている
d0038294_179018.jpg

ゴージャスな花を大量に見続けるとこんな花に気分がほっとする。
売店の人に、
あの花は、とみなまで言わせぬうちに
「種はないよ。お寺さんでだけしか育たんからな」と笑いながら言う。
ああ、ずいぶん頼まれるんだなぁ

花の名前は
ニエレンベルギア レペンス (ぎんばいそう 銀盃草)
d0038294_17344449.jpgNierenmbergia repens
【なす科あまもどき属】  原産地 アルゼンチン
7~8月に白い小花をたくさんつける
花径2センチ  葉は楕円形で地面より立ち上がり長さ6センチまで
春に株分け  高温多湿を嫌うので西日の当たらない場所に植える
耐寒性は強いが寒風に当てない  割に強健で野草の様
草丈10センチ程度で地下茎を伸ばし繁殖する
  同名の銀梅草は別の花でユキノシタ科の多年草
  葉は地面から立ち上がり地しばりに似ている


d0038294_17163049.jpg
これぞ紫陽花という色や最近人気の柏葉紫陽花など見事に咲いている


d0038294_17183992.jpg
額紫陽花を布団のようにして石の人形が夢を見ている



d0038294_17211667.jpg
山道の両側に見逃すほどの丈の可憐な紅の紫陽花が、


d0038294_17244593.jpg





d0038294_17264357.jpg

まだ満開ではないから来月いっぱいぐらいまではきれいな花が見られると思う

駐車料金は無料
入山料は300円

今回の収支
会費一人5000円
費用の内訳
入山料(900円+300円)×4 高速料金1150円 食事8000円
おやつの1400円 ケーキセット2250円 ガソリン代2400円

これはおよその値段で90円ほどの釣りがきた
by ai-bannri | 2006-06-19 17:28 | 旅行

花の寺-永沢寺・観音寺

d0038294_17135763.jpg関西花の寺に行ってきた。
今時のきれいな花は、花菖蒲と紫陽花だ。
それがきれいに咲いていて、回れるところは4月に芝桜を見たかった永沢寺(ようたくじ)と福知山の観音寺になる。

近いので、あまり早く着いても仕方が無いと8時半に出発して中国道を西にとり西宮北インターチェンジから三田の山に向かって走る。

1時間ほどで永沢寺に到着した。
花を見るのが目的だけれどお参りもしなければバチが当たろうと本堂に近づくと「精進料理」の案内が見える。d0038294_17243193.jpg
2000円
何時から食べられるのですかと聞けば、今予約してくれたら11時には出来ますという。
精進料理は食べる機会もあまりないので「ここで昼ごはんにしようか?」

あらあら、今回は近場だし予算を抑えて次回にご馳走を食べようと言ってたのに・・・
足りなくなっても知らないよ。一人5000円の会費。

本堂の横にガンダーラの彫刻展示場がある。
d0038294_1730669.jpg西暦200年ごろの仏像などが展示してある。
ギリシアの彫刻の影響を受けているのだろう
写真の像は「弥勒菩薩」と称されるマイトレーヤの立像だ。
他にも何枚か写真は写したけれどあまり良いのがない。
展示仏は破損も少なく見ごたえはあった


道を隔てた菖蒲園に向かう
入園料大人900円
(さっきのガンダーラ彫刻展示室は菖蒲園に入るか、料理を食べたら無料になる。単独なら300円)

d0038294_17382247.jpg入り口に山法師の大きな樹があった。
今年の春まで関わっていた「徳秀苑」の山法師の大木を思い出し、「いまごろは・・・」と4人全員が口にした。
今頃はさぞ盛大に咲いているだろう。ほととぎすもないているだろう。

d0038294_17431548.jpg
満開というほどではないが色とりどりの花菖蒲が見ごろだ。
枯れた花柄などが無いのでこれぐらいが良いかもしれない。d0038294_17463653.jpg

いろいろな品種には良い名前もつけられていて少しはメモったりしていたのだけれど写真を整理するうちにぐちゃぐちゃになってしまった。
今週はもう一回菖蒲園に行くのでリストを持っていこうかしらd0038294_22254517.jpg




d0038294_22281616.jpg山際の遊歩道に沿って歩いているとTさんが
「あそこをみてごらん」と指差すほうに笹ゆりとアザミが見えるd0038294_22293928.jpg

笹ゆりって、ほんとに珍しくなったよね。
根こそぎ取っていく人がいるんだものねぇ。

私たちは写真に「とる」だけだけれどね。
などと言いながらカメラや携帯で良いのを撮ろうとするんだけれど、フェンスの向こうなので難しい。


時計が11時を指すのをみて寺の本堂の食事場所に向かう。
座敷に上がりだされた茶を飲みながら裏庭を見ると萩に似た紫色の花が見える
d0038294_22392885.jpg
「なんて名前なんだろうね」と接待に出ている役僧に問うと、お待ちくださいと下がってのち、『岩藤」ですと答えてくれた。

門を入ったあたりにも幾株かあったのであとで撮っておいた。
精進料理の松花堂弁当は味付けがほんの少し濃かったのは、注文する人が年配だから?
d0038294_22451226.jpg





ここは芝桜がことのほか有名で3月下旬から4月には下の写真のような光景が見られる。
d0038294_23503241.jpg



食事の後は山を越えて丹波の篠山に入り「玉水ゆり園」に向かう
by ai-bannri | 2006-06-18 17:48 | 旅行

晴れ女の効目―5月3日

自分こそ「晴れ女」だとこのごろは思っている。

イタリア旅行のときは初日こそ思わしくなかったけれど、旅程が進むほどに良くなって、にわかに雨が降ってもバスの移動中で降りれば上がっていた。

主催した花見も、茶会も前後は嵐かと思うほどで当日は晴れだった。

今日こそ、行楽日和だ!
兄と二人で母を花のきれいな、バリアフリーなところに連れて行くんだ。

実家を10時半に出て今日は五条に直行した。
2年ほど前に開通した南阪奈道路を通って葛城市へ、山の麓伝いに御所を抜けて峠辺りで24号線に出て吉野川の河畔にある料理店の「よしの川」の駐車場にはいる。

d0038294_0595622.jpg座敷のほうが眺めは良いのだけれど、背もたれが恋しいお母さんのためにイス席にする。

栄山寺弁当(2100円)は先日食べたので、兄一人にして私たちはランチ(1050円)にする


そこから金剛寺には5分ほどで着いた
d0038294_112616.jpgまるで、自分のうちみたいに自慢して二人を案内する
よく知っているんだもの
入り口の藤棚は満開

裏手に回ると白い山吹は花はほとんど落ちている
d0038294_116225.jpg
大輪のボタンがとりどりに
先日はつぼみだった「大手鞠」が白い花を華やかにつけている。
その足元のポピーも鮮やか

d0038294_1194284.jpg





d0038294_121124.jpg






可憐なのは桃色たんぽぽ





ここの住職のお母さんがこの寺にお嫁に来たときに植えた「大山レンゲ」も何輪か咲いていた。
d0038294_123643.jpg





蓮華のなかに仏様が見える?






あやめに
d0038294_125147.jpg


色も珍しい「エニシダ」

d0038294_1262862.jpg



黄色いエニシダは有料道路の則面に植えられているが、この色のは管理が難しく育ちにくいようなことを他の参拝客が話していた


この後は橋本にある子安地蔵寺に向かったものの、階段もきついというと「私はもう行かん」というので兄一人が藤を見に行く

「藤の回廊がいくつもあったわ・・・圧巻だった」

そうだろうよ・・・♪


金剛山を越えて河内長野あたりまで来ると道は渋滞し、時間がかかったが、
夕食の時間までどうやって過ごそうは取り越し苦労にすんだ
万博記念公園の中にあるホテルの中の店で寿司などの和食を楽しんで帰途に着くd0038294_1495052.jpg
母に注文した料理のうちのいくつか。
最近彼女は生魚は苦手
3人で8600円ほど
散財させて申し訳ない・・・ごちそう様
by ai-bannri | 2006-05-04 01:31 | 旅行

花の寺―子安地蔵寺

和歌山県の橋本から金剛山を紀見峠に向かって越える手前を西へ向かうと子安地蔵寺がある。
行基菩薩の開基と伝えられている。
堺の辺りで生まれ仏教の普及に偉大な力を及ぼした。
徳を積んだ僧侶としてだけでなく土木技術建築の才にも優れ開基とされる寺は多く狭山池などの灌漑の工事もした。
弘法大師のようなお人だ。
ここは藤の花が有名だが、今年はまだちらほらとしか咲いていない。
寺の門を入ると白い花が。d0038294_22413838.jpg
可憐な花だが匂いがきつい
聞けばにら花(花韮)だという。
ああこれは、韮の匂いだ。

あちこちにある藤の花はまだだけれど、いろいろな花が、無造作に植えてある。
整然と手入れされていた金剛寺と比べたら対照的だ。
d0038294_2247022.jpg
水遣りもきっと大変な作業だろう。
先月あたりは華やかに咲いた梅はもう可愛い実をつけている。
d0038294_22511656.jpg







物足りない思いの藤だが品種によっては花も見られる
d0038294_22554153.jpg

あと10日もすればこんな藤(9尺藤)も咲くd0038294_22571150.jpg


寺の前の農家の店で野菜など買って岐路につく途中紀見温泉でお湯に入って、
今日のたびは10時間コース。一人当たり5000円(昼食費2100円を含む)
d0038294_2314245.jpg

by ai-bannri | 2006-04-26 23:02 | 旅行

花の寺-金剛寺

22番金剛寺はJP五条駅から吉野川(紀ノ川)を渡って少し入ったところにある。
はい、時期はまだ早いでしたが・・・きれいでした。驚きました。栄山寺を見た後だけに・・・・。
拝観料300円
あまりにも良く手入れされて、さまざまな花が鑑賞できる。
年のうち、花の絶えるときは無いのではないかと思う。
尋ねると、ボタンが植えられているあたりは元は田んぼだったけれど、「60年前に大奥様が入られたとき(大山レンゲ)の木を植えられた」という。
その木はすでに大木になっている
「普段は住職夫妻と大奥様が手入れされています。」
「シーズンになって参拝客が多いときは檀家が手伝っています。」
と言っていた。
拝観料も安くおさえて本堂の広場は食事などしながら庭が眺められるようにしてある。
茶の接待もしているようだ。
ここは唐招提寺の僧侶の隠居所としててあったらしい。

入り口を入るとすぐに藤棚が。本堂は珍しい茅葺
d0038294_17425382.jpg




d0038294_17452391.jpg







裏に回ると白い山吹が

d0038294_17484767.jpg





早咲きのボタンも迎えてくれる。ボタンの向こうには黄色いミツマタの花


d0038294_17542552.jpgd0038294_1755593.jpg





大手まりのつぼみはこれだけでもきれいだ。
d0038294_17574879.jpg

真冬に紅葉する紅葉もあった。これから青い葉が出て秋には紅葉し少し葉は落ちてさらに赤くなるという
d0038294_1805417.jpg


まだ、たくさんの珍しい花があった。
高齢の母でもそう広くないところでたくさん見られるので連れてきたらよいかもしれない。
ゴールデンウイークあたりの谷間はどうだろうか。
by ai-bannri | 2006-04-25 18:01 | 旅行

花の寺-観心寺

関西花の寺はいつぐらいに定まったのだろうか。
1番を丹波福知山にある観音寺にして打ち止めの25番は河内の観心寺である。
先月から花の寺めぐりをやっている。
西国三十三ヶ所の札所をめぐったメンバーだ。
私の本心をいうならば「旬」の時期に行きたい。
たとえ何年かかっても。

d0038294_23454627.jpg効率よく回ろうということになって先月は15~18番の寺をいっぺんで回った。
だから肝心のコスモスやアジサイは見られなかった・・・
当たり前だ。

今月は和歌山の子安地蔵寺にある藤を目当てに行くことになった。
ついでの寺もある。
観心寺はその道中にある。
役の行者(えんのぎょうじゃ)は葛城山の麓を拠点に広範囲に渡ってはたらいた、なかば伝説の偉人である。
この寺は役の行者が改組と伝えられ空海も訪れたことがある。
楠正成の庇護を受け寺域は広大になり、南北朝の頃は天皇の行在所になったこともある。
花の寺としては梅であるが、桜も多い。紅葉は目の覚めるようなものがみられる。今はこれといったものはないd0038294_23471378.jpg

この写真はウエブサイトからお借りした。
まずは本堂に行き線香を供えてお参りする
d0038294_23544866.jpg

まだ早いのに(AM10:20)たくさんの線香が供えられている。やけどをするので寝かせてくれの札が。
弘法大師作の国宝の如意輪観音は秘仏で4月17,18日しか開扉はない。

惜しいことをした。せめてはポスターを写真に撮る。


d0038294_013678.jpg

d0038294_095144.jpg






行者堂や開山堂を過ぎたあたりに正成の首塚がある湊川の合戦で打たれた首を尊氏が届けてここに祀ったというd0038294_0101941.jpg



観心寺を後にして越えた金剛山の山には霧が立ち込めて視界は閉ざされセンターラインを頼りにのろのろと走りややくだってきりが晴れたら鮮やかな黄色い花のある樹があった。車を止めて思わずシャッターを。
d0038294_0205742.jpg

by ai-bannri | 2006-04-25 00:18 | 旅行

白毫寺

都が奈良ににあった頃は寺々の隆盛いかばかりであっただろうか。
もっとも桓武天皇は奈良仏教のでしゃばりは煩かったんだろうとおもう。
置き去りにされたものが寂れるのは仕方が無い
大仏を抱く東大寺や藤原氏の菩提寺の興福寺などは例外だろう
若草山の並びの高円山の中腹辺りに差し掛かって民家の中を通って長い参道を登り、立ち止まって振り返ると奈良盆地の眺めがすばらしい。
d0038294_22372065.jpg



白毫寺も由緒は古いが度重なる戦火や見るひともいないために打ち寂れていたのを寛永年間(関が原の戦いの年ぐらい後)に興福寺の僧が復興した
そのときに興福寺にあった珍しい椿を移植している






少し立ち上がったところで幹は二つに分かれている
色の違う花が咲く
五色椿と呼ばれているd0038294_22431017.jpg



d0038294_22552224.jpg



日曜日ともあってこの椿を写生しているひとが何人か見られた。

本堂の前からは奈良盆地を借景にしてみごとな展望が開けている

ここは万葉集に
「をみなへし、秋萩しのぎ、さを鹿の、露別け鳴かむ、高圓(たかまと)の野ぞ」=大伴の家持
と歌われているように萩の寺でもある
秋の盛りの頃もう一度尋ねてみたい
d0038294_2325530.jpg

by ai-bannri | 2006-03-29 23:03 | 旅行

般若寺

d0038294_2241030.jpg奈良の東大寺転害門(てがいもん)の前を通って柳生街道に行く道を少し走り道をそれて民家の中の細い道を行くと般若時がある
境内は案外広い。
コスモスの寺として知られているが、あまり整理はされていず冬の終わりの今は黄色い水仙を植えたプランターがおびただしく置かれてある。

コスモスはどのあたりに咲くのですか?と問うと
「あぁ、土のあるところはどこにでも咲きますよ」と返事があった

花の好きな家の主が思いつくままに植えたようにさまざまな木や花がある


d0038294_2281415.jpg
本堂の屋根に差し掛かるさくらのつぼみは充分に膨らんであすか明後日にはさくだろう











d0038294_22143232.jpg
楼門のあたりには姫こぶしやロウバイ、土佐みずき、などの花が咲いていた
by ai-bannri | 2006-03-27 22:14 | 旅行

岩船寺

岩船寺は行基菩薩の開基と伝えられるから相当に古いものだ
花の寺のパンフレットに代表的な花はアジサイとある
境内には紅葉の樹が多く秋には周りの杉や松の木に対比して美しいだろうが今は何があるんだろうと見回すと珍しい紅のミツマタの花が見えたd0038294_1616947.jpg



隣に白い花を付けているものもある
本堂に入って本尊の阿弥陀如来を拝む
人のよさそうな住職がいて寺の由来や、死者の霊の弔い方などいろいろ話されるのを聞く
この阿弥陀如来はケヤキの一本彫りだという。
巨大なケヤキがあったものだ
d0038294_1634228.jpg
本堂を出て裏のほうへ回ると三重塔への道がある今は新芽すらも見えないが6月ごろにはおびただしいアジサイが咲くようだ



d0038294_2153627.jpg
6月にはこんな風になる
by ai-bannri | 2006-03-27 16:35 | 旅行