神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

10月16日の京都

「着物を着て京都あたりで昼ごはんを食べる会」は8月、9月は休みだったけれど、久しぶりの京都を楽しんだ。
今回は「阿吽坊」
京都の住所は独特だ。
そのとおりに歩けば目的地に着く。
阿吽坊の住所は(東山区八坂鳥居前町下ル下河原町472 )なので、八坂神社の鳥居を見て南に下る。
そうそう、京都で『あがる、さがる』といえば御所に向かって行くのをあがる、御所から引くのを下がるといったらしい。
もっとも今は南に行くのが下がる、北向きはあがる。東西は「入る=いる」という。
下河原どおりを行くと家並みの向こうに八坂の塔が見える、
近づくようにさらに歩くと白い暖簾のかかった店があった
d0038294_11164872.jpg

一汁三菜の昼のメニューを予約してある。
今日のメンバーは9人。
暖簾をくぐって左に庭を見て玄関に入る
d0038294_11214159.jpg

客席はカウンターもあるけれど、掘りごたつ風にきってある座敷に案内された。
着物とはいえ正座はつらい。
d0038294_11233868.jpg

d0038294_11242059.jpg

カメラを持参しなかったので携帯で写した写真は最悪だ。
上はは前菜。下は生麩としいたけの炊き合わせ
d0038294_1126492.jpg

「以前ここに来たのはいつだったかしら、あの時は「呉汁があったわね」
「今日は無いみたいよ」
呉汁の作り方のあれこれと話がはずむ。
d0038294_1131875.jpg

海老とレンコンをすり身にして揚げたもの。すだちをかけて食べる。


d0038294_11331094.jpg

ご飯は縮緬雑魚がかかっていた。
汁はゴマ豆腐。京野菜の漬物がおいしい。
d0038294_11343596.jpg

デザートは白木耳とイチジクのシロップ煮。
品数は少ないけれどお昼に楽しむ京料理はこれで十分だと思う
会計は一人2650円
エビスビールは710円

店を出て八坂の塔に引き寄せられるように東山に沿って少し歩く。
このまま行けば三年坂から清水寺に行くがその入り口の青龍苑の中にある「イノダコーヒー」に寄る。
青龍苑の敷地内にあるので広い窓を通して茶室もある日本庭園を眺めながらのティータイムだ。
d0038294_11483242.jpg

庭を背景に記念撮影などをして少し回り道をして昔ながらの風情を楽しみながらそぞろ歩く
d0038294_1151211.jpg

坂道を行くOさんとTさん
矢羽根模様のお召しに染めの帯はつのだしに結んである。
左Oさんは結城紬に竜村平蔵の帯「ひょうたんと竜」



d0038294_11581627.jpg
これもお召し、幅広の縞模様に帯の鳥の刺繍の取り合わせが素敵








八坂の塔の前に来ると観光客が、日本人も外国人も写真を写していた。
私も携帯カメラだけれど1枚。d0038294_1234767.jpg
まだ本格的な観光シーズンではないが気候は今が一番だ。
汗ばむことも無く河原町まで歩いて阪急電車の客となる。
by ai-bannri | 2006-10-17 11:23 | 日記・あれこれ
旧暦で言えば今日は6月16日だから光秀が小栗栖で名も知れぬ土民の槍にかかってから3日経つ。
明日は本能寺に首が晒され、10日後には清洲会議で秀吉の天下人への道が拓く。
天下を分けた大事件はしとどに降る雨の中だったのだ。
梅雨だもの

d0038294_18205577.jpg
大山崎のある天王山の向かいの山は男山で岩清水八幡宮がある
高校で習った徒然草の中にこの神社が出てくる

仁和寺にある法師、年寄るまで岩清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、徒歩より詣でけり・・・・
  御室から片道20キロぐらいある・・・・ふもとにある極楽寺などを参拝して「こんなものか」と納得して帰り、参拝の話を知り合いに言った。

参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず・・・
 その山の中に八幡宮はあるのだ。
何ぼ年寄りで、ものは知っているつもりでも初めてのところには案内してもらいなさいよ・・・。

男山の南側は宅地造成されてびっしりと家々で覆われている。
あの境目あたりが「洞ヶ峠」かしら。
山崎合戦をあのあたりから高みの見物でどっちつかずと決めかねた「筒井順慶」の「洞ヶ峠を決め込む」の言葉の起こりだけれど彼はその日大和郡山の城にこもっていたらしい。

今日はうす曇だけれど、はるかな山までよく見えて桃山城や醍醐の山なみも見える。
山城平野の隘路にめがけて三川が寄りひとつになって目の前は淀川だ。


今月の「着物を着て京都でご飯を食べるかい」は大山崎山荘でお弁当にした
10時過ぎに千里阪急の「なだ万厨房」に行き、予約をしてあったお弁当を受け取って、約束の時間に間に合うように吹田のインターから名神に入り山崎まで走る(750円)
山荘の入り口近くでお弁当とペットボトルのお茶、お絞りを渡して、庭の東屋に行き、まずは荷物を軽くしましょうと先に食事。
d0038294_1852333.jpg  
    
東屋に先客がいたらと、レジャーシートなどを持ってきたけれど、おりよく自分たちが一番乗りで独占できた。
なだ万の弁当は好評でこれに決めた私はほっとする。


食事のあと、一段高いところにある美術館をみる
下見のときもいくつかの睡蓮が咲いていたが今日も顔を覗かせていた

美術館では舩木倭帆(フナキジズホ)ガラス器展が開催されていた。
案内を読むとこの美術館のゆかりの濱田庄司、河井寬次郎やバーナードリーチとは、父親が親交があった、
d0038294_2051371.jpg
涼やかな器が山荘の緑に溶け込むように心地よい。




2階に上がってお茶にしましょうときれいなステンドガラスのはめ込まれた階段を上がる
d0038294_20543780.jpg
大山崎山荘は、大正時代から昭和にかけて、大阪の実業家であった加賀正太郎氏が築いた 英国風の広大な邸宅だった。
建築に20年もかけたという。
ステンドグラスも吟味怠りなく選んだのだろう。
中央のたおやかな西洋美人に施主のロマンを感じる。

2階にはトイレットとバスルームもあった。
今でも何回か鳴る大きなオルゴールもある。
ティールームでコーヒーとケーキを注文する。d0038294_2121790.jpg

バルコニーに出て周りの景色をながめる。
すぐ下にたっぷりとした緑のもみじの木が風にそよいでいる
「秋にはまたきましょうね」とその秋の色を思って誰もが固い約束をする。

安藤忠雄の設計したモネの絵の展示室を見たら、もう一度庭を散策しよう
d0038294_2183898.jpg

真夏の着物はどうにも苦手で着物ショップに掘り出し物があっても食指は動かない、どうにか持っているしじら織りの一重で参加した。


着こなせば夏物は案外に涼しいものだ。
見ている人はもっと涼しい。d0038294_21123516.jpg

絽の着物、帯も絽いかだ流しの様子が手刺繍で入っている




d0038294_21151644.jpg




麻の着物に麻の帯、伊勢型紙の文様はユニークだ。


お弁当1575円、お茶130円、入館料700円(駅で買えば600円)
駅の駐車料金30分150円、
コーヒー450円 ケーキ350円
by ai-bannri | 2006-07-11 18:36 | 旅行

氷にくちづけ―6月12日


d0038294_227183.jpg最近はあらたに買うこともないけれど、持っているものを着て美味しいご飯は食べに行く。
お付き合いのあった着物ショップの「着物を着て京都でご飯を食べる会」で松尾に行ってきた。
阪急電車を松尾大社で下りて松尾橋で桂川を渡り左岸を少し歩いて「天麩羅・松」の暖簾をくぐる。
下町のおうどんやさん風のたたずまいだけれど中に入ると意外に奥行きがあって料理屋さんのようだ。
今日は8品のコースで3675円

d0038294_225579.jpg予約をしてあったのでお絞りで汗を抑える間のうちに一品目の小鮎の天麩羅が出る

小鮎、鱧の骨せんべい、長いも、クコの実、たでの葉

d0038294_2210161.jpg陶器の器に竹の敷板が敷いてあって鯛、平目、蛸、甘エビのお造り。


d0038294_22141671.jpg煮えたぎった蓋つきの小さな土鍋がテーブルに運ばれた。
これも鱧でワカメとネギが添えてある。







d0038294_22171755.jpg
これも鱧料理だ。
鱧の蒸し寿司。蒸し器の周りにあしらった蔦の葉がみずみずしい。


京都で料理を今の季節に食べると、鱧づくしになる。
ところが主催のSさんはどうも鱧が苦手らしい。
骨せんべいなどは隣の人に譲っていたが、だんだんに観念を決めて食べていた。
(生まれ故郷の)北海道には鱧なんて無いのよね・・・。

d0038294_2223957.jpg

懐紙を折って蓋にして紅葉の青葉を添えてある。
あけて覘けば、貝柱の吉野葛仕立てだ。

d0038294_22305465.jpg

d0038294_22311911.jpg





天麩羅5種、さつまいも、南瓜、獅子唐、鱧、蓮根



d0038294_1461949.jpg大きな氷の塊に穴をうがちそれに蓬を練りこんだそばを入れてある。
薬味にとろろ芋、
しっかり冷えて心地が良い

「お代わりもご遠慮なく」といわれて全員が、お願いします~♪
だし汁も美味しいので抱えて召し上がってください。
「手伝いますよ」といわれるものの、まさか手伝ってくれといわれよか。

お絞りで包み込むようにして抱え込み厚い氷の縁に口づけするようにして吸い込むと、ああ、やはり京都の味だ。
d0038294_22401561.jpg
デザートは蕨もちに黒蜜ときな粉がけ

お代わりのそばが余分だったかと反省しきりの満腹感でした

d0038294_22464160.jpg

着物の写真は上が柿渋染めの紬の単衣。バッグは山葡萄

下は結城紬。バッグはこれも山葡萄
by ai-bannri | 2006-06-12 22:49 | 日記・あれこれ