神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お茶の稽古の生徒に小学校の先生がいる。

1日はやはり運動会だったということで、その話題が出た。
私は十分に感動したのだが、彼女は毎年のことなので無事にひとつの行事を終えた、といった感じであった。
秋の学校行事の話から修学旅行の話題になった。
娘たちの小学校の修学旅行といえば忘れられない思い出がある。

長女は岡山市内の生徒数500人ぐらいの当時なら中規模の学校にかよっていた。
修学旅行は関西方面だったけれど秋も終わり近いころで、帰るころにはとっぷりと日暮れていて誰が誰やら見分けはつかなかった。
親はてんでにわが子の名前を呼び子達はおかぁ~さ~んと返事をするが親子で200人近い雑踏の中で子供を受け取るにも時間が掛かる。
修学旅行の迎えなんてそんなものだと思っていたが。

次女は大阪の学校で広島に行った。
生徒数も多く1300人ぐらいの小学校で6年生は270人ぐらいいた。
念のために懐中電灯を持参したが、子供たちの乗ったバスが近づくと学校中の明かりがともされて校庭は昼のように明るくなった。
教室の明かりがナイターの照明のようだった。
端っこのほうから自分をめがけて走ってくる娘が見えた。

私は感激した20年近い前の話をたびたびするが、大阪の人はそんなものだと思っているらしい。

d0038294_12113934.jpg

10月のみの茶の点前、「中置」
秋の気配とともに水差しを客から遠ざける配慮をする。
棚は使わず「お運び」となる。

d0038294_1214622.jpg

中秋の名月が近いので干菓子もそれにちなんで月と兎、早めの紅葉が色を添える




d0038294_12182041.jpg

花はしゅうめい菊、紅白のミズヒキ、ホトトギス。ムラサキシキブ、ヤハズススキ
軸は「掬水月在手」

 掬水月在手  水を掬すれば月 手に在り
 弄花香満衣  花を弄すれば香は衣に満つ
by ai-bannri | 2006-10-05 12:25 | 日記・あれこれ

5月の初風炉

公民館講座のお茶の稽古に行く
d0038294_228398.jpg
5月から風炉となり初風炉なので棚は使わない
初夏ともあれば炉は客の位置から遠ざけて、水差しが手前に来る





床の間の軸は『薫風自南来』-(くんぷうじなんらい)
d0038294_22182643.jpg   薫風南より来る

 唐の文宗帝の
人皆苦炎熱(人は皆炎熱に苦しむも)            
我愛夏日長(我は夏の日の長きを愛でむ)

 に柳公権が答えて云った。

薫風自南来(薫風は南より来たる)    
殿閣生微涼(殿閣に微涼の生ず


禅の言葉にすれば意義があろうが、言葉そのままに取りたい

d0038294_22222677.jpg花は色は白いが 紫蘭(葉は斑入り)、岩笠、都忘れ


床の間に水無瀬神宮の袱紗に櫟の一刀彫の楓の香合がある
d0038294_22252596.jpg

この形の稽古は1年に1度だけなのでなかなか覚えられない。
手前が済んだら中じまいで写真の形に道具を揃える。

d0038294_2231455.jpg

炉を残して道具はしまう
棚を使えば中じまいはない。
by ai-bannri | 2006-05-17 22:33 | 日記・あれこれ

椿 ふたいろ

公民館講座の新しい年度は始まっていないのだけれど、間が空くのもなんだから、ということで4月5日にお稽古があった
d0038294_032315.jpg

軸は陶淵明の漢詩「春水四澤満」

  春水満四澤  春水 四沢(したく)に満ち
  夏雲奇峰多  夏雲 奇峰(きほう)多し
  秋月揚明輝  秋月 明輝(めいき)を揚げ
  冬嶺秀孤松  冬嶺 孤松(こしゅう)秀ず

花は椿2種に山吹の葉d0038294_0324887.jpg

つぼみは固いが咲けばあでやかである
赤は乙女椿 白は雪見車
d0038294_033268.jpg
by ai-bannri | 2006-04-15 00:34 | お茶とお花