神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri
カレンダー

<   2007年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

母の昼ごはん

たまには他人が作ったご飯を食べるのも良いものだ、ということで今日は母の昼ごはんのデリバリーをするわと昨日のうちに兄に電話をしておいた。
義姉がほんの少し手間が省けたら良いかな。

一品目=鹿児島でもらった櫻島大根を京風の出しでやわらかく炊いてそれに鶏のミンチをそぼろにして葛あんでからめる

二品目=昨日の寄せ鍋に使ったつみれの残り、少し固かったので豆腐とえのきだけ葱などを加えてフードプロセッサーにかけて団子にする。食パン一枚を軽く焼いて3ミリ角ぐらいのさいころに切ってそれをつみれの衣にして油で揚げる

三つ目=厚揚げの白いところ(外側は朝の味噌汁に使った)と炒りゴマと西京味噌で和え衣を作って人参と春菊の白和え

おまけ=昨日の残りの大根と人参のなます

兄夫婦と母と自分の4人できっちり同量に分けて配膳したけれど。
母が食べる食物のカロリーはどこに消えて行ってるんだろ。
散歩の後にはきっちりとおやつも召すのですよ。

用事が済んだ後、離れの甥の家に立ち寄り嫁様とおしゃべり。
主催しているラボパーティの四方山ばなしなど。

馬頭琴を弾ける人(モンゴルの隣の国。カザフスタンだったけ・・・から来た)の話が面白かった。
彼は生まれて初めて日本にやってきて、しかもそれは故郷の草原を離れた初めてのたびだった。
自分たちの生活の周りには馬や羊が人間とともに生活をしていて、人はそれをつぶして食料としている。感謝とともに食べている。
だが、日本では食べ物はメニューになって皿の上に載っている。
それはとても驚くことだ。
・・・んん~もっと表現は違うような気がするが・・・
「いただきます」を言わない日本人は増えているよね
なんだかわかるような気がする。
by ai-bannri | 2007-02-26 22:27 | 日記・あれこれ

ひいなの祭り

今日の予定
飯塚のひいなの祭りを見に行く
柳原白蓮の住んだ御殿も見るつもり
詳細は後で。

熊本から鹿児島にかけて連なる山々は高さは1000メートルほどだけれどなかなかに険しそうだ。
天孫降臨の話が伝えられているのもわかるような気がする。
人吉あたりは険しい山間に出来た盆地で、なんか江戸末期か明治の初めのころの講談本かなにかに早良藩に流れていった男の話があったような気がするけれど調べるのは後のことにして、山を左に見ながら水俣に急ぐ。途中の大口や菱刈あたりは先の水害で大変な被害を受けたところだ、今走っている国道も水の中に消えた。
このあたりはなんと「鹿児島の北海道」といわれている。
積雪も結構あって道路も凍結するときが多い。
いたるところにタイヤチェーンを巻くための場所が取ってある。
それでも通るところはほとんどは過疎地域なのでにぎやかなとおりなどなく信号なども数えるほどで八代湾に面した水俣に付いた。
新幹線の新水俣駅は辺鄙なところにある。ここで降りた人は誰か迎えに来るのを当てにするのだろうか、
国道3号線をこのまま行けば自然に鳥栖までは行くのだけれど津奈木あたりに高速道路の入り口があるのを見て、それに入る。植木ICまで80キロ2000円
そこから国道を行くのだけれど。すぐに後悔する。このままゆっくり行ってたんでは飯塚に時間が取れないわ。ときすでに遅し、45キロほどを2時間近くかけて走って広川ICから鳥栖まで走る。650円
鳥栖から飯塚までは1時間かかった。冷や水トンネル経由。400円
なお冷や水有料道路は3月1日から暫定的に無料となるらしい。

d0038294_22475034.jpg

商店街を歩くとお店のウインドウに雛人形が飾ってある。
流れるメロディも「おひなさま」
d0038294_22524598.jpg

ちょっとした広場にはモビールのような飾り物がおびただしく下がっている。
「本会場はコミュニティサンターですよ」と案内されてそこに急ぐ。
飯塚のひな祭りは市在住の篤志家が20年ほどかけて集めた人形を年に一度提供されているらしい。
その方はこの人形を納めるための家まで買ったらしい。
おびただしいものだ。
日本中の珍しい雛人形を集めているといった感じで人形だけでなく道具なども部屋いっぱいに展示してある。
たくさん写真を写したかったけれど携帯カメラではどうせ移りも悪いのであきらめる
ひなのまつりは3月4日まで
d0038294_2325168.gif

by ai-bannri | 2007-02-23 08:58 | 旅行

お風呂に

「らんさん」の[中華的生活「多少銭?」]は楽しいブログだ、
学校で古典や漢文など聞きかじったときはその詠まれた風景にあこがれたものだ。
今、は観光目的にしろいきたいとは思わない。
らんさんは偉大だ。
かの国で事業をして立派に生きていて、しかも鋭い目で中国と日本を見ている。
(ブログに描く文章は面白い)

水道の水をなんの疑いも無く飲めるのは幸せなことらしい。
そういえば外国に行けばミネラルウォーターの世話になるなぁ

今日の話題はそれじゃない、
日本人の肌はきれいなんだそうだ。
思わずほっぺをつねってみた。痛いよ!

お化粧も日本人は目立たないし方なんだ。

もうずいぶん前に、次女が学校のスポーツ少年団でバレーボールをしていたときに、父母会の会長さんは背の高いハンサムな人だった。
この人が忙しいときは奥さんが来てくれていたが、なんというかその・・・化粧はしたら止まらないの見本のような人だった。
近くの喫茶店でアルバイトをしていてコーヒーを飲みにいった私に親しげに話しかけてくる人がYさんだと分かったときはびっくりした。
子達が卒業のとき簡単なイベントをしたが来賓席に夫君の代わりに彼女が座ることになった。
「可愛くてきれいなほうの顔で来てね」と頼むと素顔に眉を引いただけで来てくれた。
(時間をかけて怖い顔になるのやめて~)

鹿児島の日当山温泉の泉質はとても肌に良いのだろうか。
洗っていると、石鹸を流し忘れたかのようなツルツル感がある。
良く行くYOUー湯は源泉の温度は51度らしい。
ほんの少し薄めているがかけ流しのお湯だ。
ここにいる間は化粧水も乳液もハンドクリームもあまり使わない。

大阪に帰って2,3日するとなんだか顔がガサガサになってくるのがわかる。

美人になったよ~という話ではありません。
お風呂行ってきます
今日はあいていたら天降川温泉
by ai-bannri | 2007-02-22 19:25 | 日記・あれこれ

雑学ほどの「学」も無いが、家にいるときはPCはスイッチが入っているので、人にものを尋ねられるときがある。
さっき携帯電話が鳴って友人のツアーガイドから、「長良川の鵜飼いはなぜ満月の日は休みなの」と問い合わせがあった。
調べてみるわと返事したけれどこんなときは鵜飼いの事務所に電話して聞くほうが手っ取り早い。
聞いてみると「建前は、あまりに明るいと鮎が逃げてしまってかがり火も役に立たないということですが、年に1度は鵜や鵜匠さんも休みを取るということで・・・・・」だそうだ。

鵜に捕らえられた鮎は一瞬のうちに悶絶するのでまったく傷がつかず旨みも良いし骨も柔らかいという。
長良川の鵜飼いは1300年の歴史があり現在は宮内庁の管轄になっている。
期間中8度の漁は皇居や伊勢神宮、明治神宮にも奉納される。
烏帽子姿は天皇家ゆかりであるのをしめしているかしら。

[うのみ]、鵜が魚を丸呑みすることから物事を吟味せずに受け入れることを言うようになった

うがい」、鵜は魚を飲み込まずに吐き出すことから、うがいの水も吐き出さない・・・
     どうかなぁ???鵜はほんとうは飲み込みたいのとチガウンジャマイカ?

うなぎ」 長い魚は鵜が飲み込むのにナンギするから
     え?え?・・・・そうだったんだ!
d0038294_12225741.jpg
日本の鵜飼いは川鵜がつかわれる

首に縄を巻かれているので喉がつかえて一定以上の魚は飲み込めないが小さな魚は飲み込んで食しているそうだ。
by ai-bannri | 2007-02-20 12:27 | 日記・あれこれ

盆梅展

盆梅展
苫家にはテレビは無いがラジオあってほぼ一日中鳴っている。
今朝のニュースに「吹田」という言葉があったので注意して聞くとスキー帰りのバスがモノレールの橋脚に激突して添乗員は死亡、ほかにも怪我人多数。

「ああ、寝てしまったな!」

長距離を運転していると激しい眠気に襲われるときがある。
そんな気配を感じたらサービスエリアやパーキングエリア、バスストップがあれば違反は承知で車を止めて、寝る。
ガムをかんだり音楽を聴いたりは何の役にも立たないときがある。
それでも横や後ろに人が乗っていると「ちょっと眠たいねん」と言いにくいときがある。
また車内で幼子が大騒ぎをしていると精神は極限まで疲れる。

この運転手は21歳で、死んだ添乗員は弟で16歳だというではないか。

自分は日本が世界に名だたる格差社会だとは全然思わないが、狭義の意味では「そうだそうだ」と思うことがある。
大阪市営のバスの乗務員は50歳ぐらいまで勤め上げれば1000万円ほどの年収になるという。
何度も権威ある人がマスコミで吐露していたから真実だろう。
中小のバス会社の社員の給料は気の毒なものである。

まだ貸し切りバスが珍重されていたころ、それはたいていは電鉄会社のバス部門の仕事であった。
路線バスを長く経験して、技術もマナーも良好と認められたドライバーが「誇りを持って」運転していた。
給料も良く夜行をかけていくときは交代要員が乗務していた。
バスのチャーター料金も高かった。
社員旅行の最盛期で高いバス代は会社が払うので良かったんだろう。

いつぐらいからかなぁ。
見たことも無い名前の観光バスが走り出したのは。
ツアーなどでバスに乗り込んでぎょっとすることは何回もある。
ドライバーが若い、
長い距離なのに一人しかいない。
ややこしいところで協力してくれるであろう車掌やガイドもいない。
客の苦情も運転手一人でこなさねばならぬ。
若いので客のカラオケにはムッとくる。
で、無線や携帯を使っておしゃべりで気を紛らせる。

在阪の電鉄系の観光バスが別会社になったときJRもバス部門は別になったときはちょっと怖かったよ。
だって、道を知らないんだもの。
こんなに苦労して働いて大阪市バスの運転手の半分も給料が無いなんて、
ああ、格差社会だなぁ

大阪府吹田市で18日未明、スキー客を乗せた観光バスが支柱に衝突し、27人が死傷した事故で、バスを運転していた「あずみ野観光バス」(長野県松川村)の小池勇輝運転手(21)が、府警交通捜査課と吹田署の調べに、「一瞬うとうとして、ドーンと当たって気がついた」と供述していることが19日、分かった。府警は、小池運転手が過労などで居眠り運転したことが事故につながった疑いが強いと判断。同日午後、同社事務所と下総建司社長(39)の自宅を、業務上過失致死傷容疑で家宅捜索、運行状況や労務管理の実態などを調べる。

 調べでは、バスは道路左側の側道に入る分岐点にある分離帯(高さ約1・5メートル)に接触後、はずみで道路右側のモノレールの高架の支柱に衝突。前面が大破し、アルバイト添乗員で小池運転手の弟、雅史さん(16)が死亡したほか、乗客ら26人が重軽傷を負った。(産経新聞)




ラジオのお知らせで、鹿児島のウォーターフロントのドルフィンパークで「盆梅展」をやっているというので出かけてみた。
いつも思うのだけれど鹿児島に行く10号線のドライブはとても気分が良い。
錦江湾を隔てて櫻島が寄り添うように少しずつ顔色を、表情を変えながらついてくる。
大きな椰子の木やガジュマロの大木がもしかして南国じゃないかしら・・・・
磯海岸を過ぎて久光公の墓のある山の麓あたりでザビエルの上陸記念碑がると言うので立ち寄ってみた。
ここから桜島を1枚
d0038294_2119033.jpg



ザビエルの記念碑
d0038294_2119161.jpg


1949年8月15日ここ祗園洲浜に上陸したザビエルは島津貴久に布教を許されるが都を目指すために10ヵ月後には平戸に移る
当時43歳
インドでであった日本人をつれていたというから当時は広くアジアに出ていた日本人は多かったのだろうか。
少し離れて「海の子」の歌碑がある
文部省唱歌として親しまれたこの歌の作詞者の故郷らしい。

ドルフィンパークは飲食店や物産展が並んでいるが催し物の会場もある、
今日(日曜日)は社交ダンスのパーティと盆梅展だ。
d0038294_21201028.jpg

受付に出品者の外山さんがおられて、滋賀の盆梅の話を振ると、笑いながら「あれは盆栽」じゃない。
長浜の盆梅は「盆栽」をイメージしていくと驚く。
樹齢はともかく高さは3メートルぐらいある、
実家の貧弱な庭梅よりも高いのだもの
d0038294_21275135.jpg
外山さんは70鉢ほどを持っているがもう花も終わってしまってここには桜も混ぜてあるという。
桜の盆栽もかわいい
by ai-bannri | 2007-02-19 21:30 | 日記・あれこれ

きびなごの

30分ほどの距離
歩いていけるところに、コープ、YAMAKATAYA、サテイ、その他地元の小ぶりのマーケット、電器の量販店、ファミレス、マックなんかがある。
なんだ、北摂よりいろいろあるじゃん・・・・と思う。
物価は安いようで高い。
取れすぎた冬野菜は、大根50円、白菜100円ぐらいで売っているが先月帰阪した時にそれぐらいで買った。
肉などは高いような気がする。
田舎の人は魚など調理しないだろうか。売り場にあるのは大体が切り身である。
このあたりで取れるキビナゴが好きで前はよく注文していたのに久しく食べていないなぁ。
d0038294_22505857.jpg

アマダイかさばの煮付けをと思って売り場を物色していたらカンパチのアラがあった227円
これでも良いやとなお探っていたら、ありました。キビナゴ182円(ほんのすこしだ)
かんぱちは大根と一緒に甘めの味付けで荒煮
キビナゴは頭と背骨を取ってさしみふうに酢味噌で。
それに水菜の煮浸し

ご馳走さま

おっと、写真は全国の郷土料理のサイトから拝借しました。
こんなふうには盛り付けていません。
by ai-bannri | 2007-02-17 22:58 | 日記・あれこれ
プロパンガスの料金の高いのにあきれたこともあってほぼ毎日日当山温泉のどこかの湯を利用している。
そういえば、「給湯器が一番カロリーを消費しますよ」といわれて、台所でもお湯を出すのをやめた。
冷たい水で手も荒れるのではないかと覚悟していたけれど、なんと。
水道の水はぬるいのだ。
出始めはさすがに冷たいのだがやがて生暖かい水が出てくる。
なんだ、ちっとも苦にならないじゃないか。
大阪では朝の洗顔も湯を出しているがそれも水でなんということもない。
この辺の地熱はあったかいのかなぁ。

時間だけはたっぷりとあるので歩いてゆくことにした、
車のメーターでは往復9キロなので1時間もあれば到着するだろう。
天降川(あもりがわ)にそって歩いてゆく。
ソニーの工場の横を通って・・・・わぉ、すごい乗用車。社員のための駐車場も広いや!
ホテル京セラを見ながらあるく。

20分ほど歩いたところにほんの少し小高いところがあって案内板のようなものがある
d0038294_20433214.jpg

なになに、昔はうっそうと茂った森の社があって古歌にも歌われるほどの眺めの良いところであった。ふんふん
そりゃそうだろう、目の前に櫻島の雄姿があるもの。
だけどねぇ
西行法師さんもタフだねぇ。こんなところまでいらっしゃるなんて。

中にはもっと詳しい歌碑が建っているがちょっと読み取りにくい
古今集などの歌とここのいわれが書いてある
一角は小さなグラウンドになっていて今は見えないが、ゲートボールの会場らしい。
d0038294_2050491.jpg

地名を見ると「府中」とあるので大昔はこのあたりの中心地だったかも。

d0038294_2113765.jpg

この川は上流から土砂がおびただしく流されてくるのだろうか底を浚渫するブルドーザーも見える。
河原は格好の家庭菜園に使われている。
季節のさまざまな野菜が栽培されているし山芋なども形よく蔓が整えられてとても素人がやっているとは思う無いところもある。
こんなところを有効に利用しているのかと感心しながら歩いていると
「河川敷内の耕作を禁じます」
堤防の強度に悪影響を及ぼして災害時に決壊の恐れがあるので速やかに撤去せよとある。
大阪のホームレスと役人の戦いを連想した
とりあえず。
立て札は立てた・・・・。

天降川を2回わたってよく良くYou湯に着いた。
ゆっくり歩いたので1時間20分
by ai-bannri | 2007-02-17 21:05 | 日記・あれこれ

マグカップ 2種

昨年の秋にここに来たときは愛車につめるだけの荷物を持ってこっちで大きめの冷蔵庫を購入したぐらいで、ほとんど家具はない。
100円ショップや薄っぺらなスノコ板で作った食器棚に不ぞろいな皿や茶碗が置いてある。
友達も一人か二人なら間に合うけれど、先月ここで新年会をしたときはちょっとあわてたなぁ。

コーヒーカップがない
たった5人なのに。
デミタスカップや湯のみにコーヒーを入れてあれこれいい訳をすると友人の一人が
「今度来るときの手土産はコーヒーカップだね」
う~ん・・・・あんまりほしくもないけれど・・・

薩摩焼の里串木野の美山で陶器祭りがあったときに内側にもみじの葉を一枚描いたマグカップを一つ買った。
染付けに少し難があって半額だった、けど薩摩焼きだ
d0038294_20254173.jpg

薩摩焼特有の細い貫入(カンニュウ)があって形も程よくて気に入っている。
でも紅葉の模様は今の季節には寂しいかな
などと思って大阪の家の近くのリサイクルショップに行ったら、マグカップを見つけた。
好みのノリタケやマイセンなどもあったけれどちょっと高くて手が出ない
それでも良い感じのマグカップ2個を買った
d0038294_2035322.jpg

写真写りはいまひとつだけれど実物はもっといい

いつでもお茶を飲みにいらっしゃい。
by ai-bannri | 2007-02-15 20:36 | 荒磯のうた

夜間割引

日本道路公団は少しは変化したと思う
国会などで盛んに取り上げられていたときはそうだそうだと思うことはいくらでもあった。
今も・・・ある。

海外旅行をされた方なら必ず思うことがある。
高い消費税と安い高速道路の料金
まぁ、ほとんどはただである。
海外など数カ国しか知らないのでめったなことはいえませんが

深夜の割引はとても助かる。距離制限のないのも良い
通勤割引は100キロ以内だもの、

九州自動車道路に入ったのが少し遅かったので4時までには溝辺に着かないと思うけれど、もう国道には下りずにずっと高速を走ることにする。
八代から向こうの山は険しいものね。

電光掲示板に霧注意の表示がずっと出ていたけれど、人吉あたりも難なく走れて鹿児島空港近くのICに着いたのは4:43 八幡~溝辺4250円 

後10分走って長いドライブは終了 865キロ およそ14時間 料金9060円
7840円の節約でした・・・・
d0038294_2052137.gif

by ai-bannri | 2007-02-15 20:05 | 日記・あれこれ

国道のドライブ

廿日市を降りると海岸沿いに左に宮島を見ながら走ることになる。もう日も暮れて、昼ならば見える厳島神社の赤い鳥居など見えるはずもない。
国道の右左には温泉旅館の灯が見える、立ち寄り湯を見つけて入りたいとふと思ったけれど節分の巻き寿司製作で引いた風邪は治りきっていない。
岩国までは道幅も狭くカーブも多かったけれど岩国に入ったあたりからなんとなく走りやすくなった。
カーナビにも出ない(古いので)バイパスや、国道なのに「自動車専用道路がある。
ここで燃料補給 1リットル119円
ここまで390キロ 21:49

d0038294_20162621.gif

下関まで早めに着けばその後は夜間割引を利用してゆける
雨が降ったり霧に覆われたり天候はいまいちだが走りにくいこともない。
夜中なので枯葉マークの車が走っていないのは助かる・・・・
いやいや、大型トラックのドライバーの邪魔にならないように気をつけましょ。
下関関門トンネル入り口まで 540キロ 0:55 トンネル通行料150円
北九州市 都市高速道路入り口から八幡ランプまで500円
八幡ランプ1:32 ここまで579キロ

ここから九州自動車道に入り 古賀SAで30分の休憩を取る
by ai-bannri | 2007-02-14 20:13 | 日記・あれこれ