神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri

<   2005年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

6月30日ー一年の半分ー

これといった行事も無いのに月日は容赦なく過ぎて今日はもう6月も終わりだ。
先月はなんとなく忙しく過ごしたようだが今月はただ30回朝を迎えて夜となったような思いだ。

夫の事務所の掃除をしにいった息子が例によって段ボール箱いっぱいの小銭を持ち帰った。
小銭入れというのを持ち歩かない彼はその日一日もらったつり銭をポケットから出して箱に入れ、それは2度と使うことは無い。
消費税が外税のときは1円玉ばかりが箱にあふれていた。
恩着せがましく「やるぞ」というので、どんなに迷惑か苦情を言った。
使う身にも、相手のレジの立場にも立って見ろ。
最近は100円玉も見え隠れしている。

銭種ごとに分けてそれを洗剤で洗う。
水が黒くにごっていく・・・お金のなんと汚いこと。
ざるに入れて水切りをして広げて乾かす。半年に一回ぐらいはこの作業をしているような気がする。こんなことよりちゃんと給料をいれてくれ・・・・

ひとつかみ手にして息子に運転させて100円寿司に行く
いわし、かんぱち、いか数種、茄子の漬物、合鴨のロースト、ハマグリの味噌汁、生ビール
by ai-bannri | 2005-06-30 20:08 | 日記・あれこれ

6月29日ー手探りー

自分は同じ年代のしかも女性にしてはパソコンは解る方だと・・・・・思う・・いや思いたい。
もう、手書きではお手紙もかけません。難しい漢字ははたと戸惑うときがある。
でも、この一週間ほどのあたふたはなんなんだろう。

住所録の手直しはまぁ・・・いい
筆まめに落とすのも・・・できた。
ところが往復はがきの印刷バージョンを探すのにほぼ1日掛かりました・・・・
古いソフトなので新品に買い換えようかと思ったよ。

このブログだってなかなか写真がのっからない。
カメラは安物だし写すのは下手だから仕方ないか・・・・

いまさら習いにはいけないよう。
あの時勉強しときゃよかった・・・・と思うんだろうなぁ・・・何年かしたら。

ひるごろ激しいスコールのような雨。
寝室の出窓を開けてあったので吹き降りの雨が大量に入り込んでカーテンがぐっしょりぬれていた。
by ai-bannri | 2005-06-30 00:28 | 日記・あれこれ

6月27日ー青春ー

同窓会のハガキの文面は大半は必要事項で、言葉はほんの少ししかかけないが、1行2行の行間に、今度は行ってみようかと思わせるようなものはないかしら?
巨大掲示板でチャットをしているわけではないが、問いかけてみたら返事もあった。
私のーこころをときめかせてお待ち申し上げますー。。はどうもお水っぽいらしい。
さらにサムエル・ウルマンの「青春」がきめゼリフのように使うらしい・・・。

 「拝啓、あるかなきかの梅雨も終わり本格的な夏の到来でございます。
  皆様方におかれましてはお健やかな日々を過ごされていることとお喜び申し上げます。
   さて、今年は下記のとおりに同窓会を開催いたします。
  いまだ人生の坂道を登りつつ第二の青春を謳歌しつつある諸君と久しいお顔で交歓致し    たくお待ち申し上げます。
   なお、近年転居されたり準備の不手際でこのハガキが届かない方がおありかと思われま  す。お気づきの方はぜひご一報くださいませ」

これでどうだろ~

幹事長のA君、OKをくれるかなぁ・・・・
   
by ai-bannri | 2005-06-28 22:59 | 日記・あれこれ

6月26日ー三輪明神ー

用事があって大和の三輪明神へ出かけた。
大和国一ノ宮として古くから親しまれている。
500メートル足らずのきれいな三角錐の形をした山そのものが神様でうっそうと杉の原生林に覆われている。ご祭神は大物主の命(=大国主命)
山が神様なので神殿は無く拝殿がある。
聞くと原生林とはいえ山には道も開かれて山頂まで登れるらしい。
所要時間およそ1時間。
山頂の杉の大木が数年前の台風でなぎ倒されて視界が開け遠く二上山と信貴山の間の断層あたりから堺の町を隔てて明石海峡大橋が見えるという。もちろん霞など掛かっていない日だ。

駐車場で参拝人の様子を見ていると皆ことごとく、鳥居をくぐるときはお辞儀をしてすすみ、帰る人は向きを変えてかしこまり、手を合わせて礼をしている。
他の観光地の有名寺社とはちょっとちがうなぁ・・・
今風の奇抜な格好にどぎつい若者特有の化粧をした女性も同じようにお辞儀をしていた。
もっともその後は肩を怒らせて歩いていたが・・・

近くには神の化身と契りを結んだ玉依姫(モモソ姫とも)の墓と伝えられる箸塚がある
契りを結び愛した人が蛇だと知れば誰だって驚くだろう。
あの愛は偽りだったのかと三輪山にかくれてしまった神こそひどいよ。
玉依姫はミホトを箸でついて死んでしまった。
そんなところ・・・・箸でついて死ぬか?ふつう・・・
by ai-bannri | 2005-06-27 01:27 | 日記・あれこれ

6月25日ー同窓会の名簿ー

前年度の幹事はLANPLANという表計算ソフトで作成したので「ファイルを送られへんのや」というので、しからばと、紙をスキャナーで画像として取り込んでエクセルに取り込み不具合を直して、まず彼に表敬訪問ならぬ送信をした。

「スキャナーで取り込んだのでおかしなところが多々あります。三宮は二宮に京都は棄都に1-はトに・・・などという按配で、見落としたところがたくさんありましょう。
よろしかったら校正してお返しください」

すぐにメールが来た
「お疲れ様です。さすがですね。
校正して出しましたので明日にはつくでしょう」・・・誉められたようなきがする。・・・・・が


金曜日に送信したのにもう返事が郵便で来た
いっぱい赤ペンのあとがある。さすがなのは君だよう・・・やること早っつ。

せっせと訂正してまたメールで送る。直したところ色つきで、
今年の他の幹事さんにも気を使ったほうが良かったかなぁ・・・・PCなんか無いとゆっていたぞ。

慣れ親しんだ掲示板の執着していたスレッドにお別れの挨拶をする。
始まりがあれば終わりはあるさ。
by ai-bannri | 2005-06-25 23:44 | 日記・あれこれ

6月24日ー生協と花ー

金曜日は生協で注文した品が来る。
先週は注文はしなかったので1株トマトの分だけが来た。
中元も生協で注文しているが、注文用紙に過去歴が無くなった。
相手先の住所を書き込むのが省略出来て便利だったのにどうして?
と聞くと、「個人情報保護法の施行でこうなりました」

もうひとつ便利さが失われていくなぁ
隠したい情報なんて・・・・・あまり無いのだけれど。

夕食の後、となりの夫人と公民館講座の生け花の教室に行く
今日の花は姫がま、桔梗、小菊。それを盛り花にする。

簡単ないけ方なのであろうかこのごろ起きた中学生が兄を殺した事件が話題になった、
講師の先生は自分と同じ年代だけれど、
原因を家庭の対話とゲームに決め付けている。
他にも理由はあると思うのだけれど・・・報道される内容だけでは解らない。
まして、いい環境で育った新聞記者やニュースキャスターが伝えるものがすべてではないだろう。
by ai-bannri | 2005-06-25 23:29 | 日記・あれこれ
前年度の幹事が作成した名簿は「LANPLAN」を使って作ったので互換性がないからファイルを送っても「意味がないで」といわれた。
LANPLANなら経験があるけれど互換性は全く無かったか、そのあたりがうやむやだ。
しからばと名簿をスキャナーで取り込んでエクセルに落としてみる。
東が「棄」になってるのには笑った。京都も棄都だ。
インクのにじみや汚れで正確には読み取れないらしい。
空白行を挟めば後はダメ。
多少は使えるものの作り直しと決定。
単調な作業だけれど名簿とあらば慎重に。
ブラインドタッチがめちゃくちゃになっていてキーボードを見ずに打つのが怖い。
最近はマウスを使う頻度が多くてちゃんと手で打ち込むことも無いものなぁ。

7月上旬には発送したいので今週中には完成を目指して、まず眼鏡を探そう。
by ai-bannri | 2005-06-23 08:24 | 日記・あれこれ

6月20日ー写真ー

3ヶ月に一度の歯の健診と歯石のお掃除に行ったので、そこの近くでお茶を楽しんだ。
娘達の友達が今月の初めに喫茶店を開業した。
長い間フリーターをやり、2年ほどは住み込みのようにして他の店で働いてお金を貯めて開業したものだ。

資金はあまりなかったと見えてインテリアなども少し寂しい感じ。
絵が得意な子なので手書きの猫の絵などが額に入れて飾ってある。
あぁ、これは売れるかもよ。絵の好きな人の個展の会場にしてもいいわね
などとアドバイスとも冷やかしともつかないことを言って笑いあった。

帰り三女の家に寄り先日行った旅行の土産を受け取る。
宿泊した天の橋立の旅館はアレルゲンのあるものを食べられない娘のために、それを取り除いた料理をたくさん準備して迎えてくれたという。
部屋も赤ん坊連れを気遣って風呂付の眺めの良い部屋だったという。

若狭湾をバックにした写真の笑顔がとても素敵なので1枚もらって帰る

ちょっと気になる人からメールが返ってきた。
顔が見えないので機嫌が悪いか、叱られているかが解らない。
7%ではむりだなぁ

100円均一商品とは思えないほどの素敵な額に娘の写真を入れて飾る
by ai-bannri | 2005-06-21 17:29 | 日記・あれこれ

6月19日ー博識ー

先輩の要請で久しぶりに出かけてみた。
前回は急なキャンセルで、もう後はないと思ったが人手は時々足りなくなるらしい。

博識な人と出合った。
幅広く関心事があってことごとく試してみる人だ。
ちょっと席を外されたと思ったら植え込みの花にやってきた珍しい蝶の写真を持参してきたデジカメ1眼レフで写してきた。帰宅したら編集するらしい。

昨日幹事長に出したメールはアドレスミスでどうやら届かなかった話をすると、そういう時はこんな風に言うと無線士たちが使うものを教えてくれた
A(アルファ)B(ブラボー)C(チャーリー)D(デルタ)E(エコー)F(フォクスロット)G(ゴルフ)H(ホテル)I(インディアル)J(ジフリエット)K(キロ)L(リマー)N(ノブエンバー)M(マイク)O(オスカー)P(パパ)Q(ケペック)R(ロメオ)S(シェラ)T(タンゴ)U(ユニフォーム)V(ビクター)W(ウイスキー)X(エクスレイ)Y(ヤンキー)Z(ズール)
昔、いろはのい、ろーまのろ、はがきのは、日本のに、と言う風に電信を依頼するときに使っていたのを思い出した。

お子さんが自分の部屋を欲しがるので書庫代わりに使っていた部屋を明け渡すのに小型トラック2台分ぐらいは手放したと言う。もったいない、マニアックなのもあっただろうに。

高速道路が普及して人々が日帰りでスキーに行くようになって商売が立ち行かなくなった民宿を借り受けて、休みには猟をしていたときの霊感の強い仲間の話も面白かった。
雪下ろしの作業が大変で6年借りておしまいにしたという。

北摂の山奥にある小さな集落はうりざね顔の美人が多いので古老に尋ねたら、後醍醐天皇の側近が親王を守って落ち延びて、明治中ごろまでは他との接触もあまりなく血筋は純粋に伝えられていた・・・・なんてのもあるような話であった。

多彩な趣味を満喫するにはサラリーマンの経済では大変でしょ、と失礼なことを尋ねたら、旅行専門の会社からガイドの教則本を依頼されて書いたり別途収入はあると言う。

物知りはどこにでもいる。出会わなかっただけだ。
by ai-bannri | 2005-06-20 06:52 | 日記・あれこれ

6月18日ー幹事会ー

投稿はいつも次の日だけれど今日は少し変えてみる
予告と後付?だ

今から、同窓会の幹事会にいく。
前回の同窓会で次の幹事をきめるとき、くじ引きのようなもので当たった。
「女の幹事はな~んもせんでいいのよ」と前任者が言った。

だから安心しているんだけれど
何が出るんだろ・・・・夏の洋服あったかなぁ・・・・・

17:00記録
大阪の梅田のホテルのブライダルサロンのようなロビーで打ち合わせをする。
日にちとプログラム案内状の件、余興のビンゴゲームの景品など、二次会の会場になるバーなども見て予算を決める。女性は10000円を超えると出席率は落ちるのできっちりに納めたい。
こんなとき見栄っ張りな男性幹事がいたら予算は3,4千円は高めに設定されるのだけれど、
今日のAさんは、名を聞けば老いも若きも知っている会社の副社長だが、私の安めに、安めにの声を聞くまでもなかった。
いい人だ。お迎えつきの車で出勤するだけのことはある・・・・・。

役割の分担は2名がPCオンチだったので恥をかくことなく、住所録の編集と往復はがきの発送を取れた。持っているVAIOに外付けのフロッピーデスクのアダプターがついていて良かった。

帰りにはデパ地下の食料品売り場で明日の食材を少々買い求めて更に人いきれを満喫して電車に乗り込む。

22:20の記録
預かったフロッピーディスクを開いてみたらなんと・・・一番大事な住所録がない・・ポカン
前年度の幹事長に電話
「ウインドウズ版じゃなかったから、入れてへんのや」
あれこれ、なんだかんだ・・・エトセトラ
紙のをスキャンしてエクセルに落とし込んだが彼が妙なところでエンターを使っているためかどうも変。
今度はめーる

『e-メールでははじめまして
先ほどはおくつろぎのところをお邪魔して、申し訳ありませんでした.
いろいろ教えていただいてありがとうございました。

プリントアウトした住所録をスキャナーで取り込みましたが、ところどころ文字化けしたのもあります。
編集すれば良しと思いますが、出来ましたらこのアドレスにファイルを送信していただけませんか。
もちろん月曜日の休み時間か就業後で構いませんとも。

2.3日あれば一から入力するのも可ですが、せっかくおつくりになったのは生かすのがいいと思います。
私も明日は終日所用があって見ることは出来ませんので作業は月曜日以降になります。
住所録完成、プログラム、ゲームの内容など決まったことは逐一ご報告させていただきます。

手取り足取りの感じはありましょうが寛容なお気持ちでお許しください』

うまいこといくやろか?400人分入力したくないよ~
by ai-bannri | 2005-06-18 12:17 | 日記・あれこれ