神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:荒磯のうた( 75 )

9日目 4月19日

5:00 起きた気配がするけれど、付合いたくない・・・・
6:20 きんかん湯150cc おせんべい1枚
7:35 朝食 五穀米 味噌汁(ジャガイモ、畑の野菜、豆腐)、南瓜、キビナゴ、りんご1/4
10:00 草もち(硬くなったのを蒸して、さらに焼いた。案外うまい)煎茶
12:30 昼食 ご飯 肉じゃが、キビナゴの酢味噌和え、水菜の煮浸しシラス添え、
13:00 補聴器の具合がよくないといい続けているのでメンテナンスに。
丁寧に掃除してもらって電池も買う。巨大な耳垢があるらしい。明日耳鼻科に行って耳掃除をしてもらおう

14:00 私は歩くのもあまりしないほうが良いらしい。患部に負荷がかかってよくないのだ。
車椅子に乗せて押すより、自動車に母を乗せて安全なところで散歩してもらうほうが良い。
そこで、また城山公園に。天気が良くてさわやかだ1時間ほどここで費やす

14:00 おやつ 三笠饅頭1/2 かるかん1/2 コーヒー牛乳180cc

17:20お風呂 もう、持ち上げて湯船に入れて上げられないのだからねと、昨日から何度も念を押している。
やれば出来るじゃないの。
身体と頭は洗ってあげる。
下着をはかしてあげる私の姿勢はやっぱりつらい。(ーー;)
帰り道コインランドリーに立ち寄り洗濯機に入れてスイッチを入れておく。

19:00 夕食 散らし寿司、干ししいたけ、人参、ごぼう、縮緬雑魚、インゲン豆のささがきをトッピング、合わせ酢の中に甘夏みかんを搾ったのを1/5ほど入れてみかん寿司だ。
それに、キビナゴのさしみ、お味噌汁

21:00 ポポンSタイム イチゴのヨーグルトがけ、白湯50cc

本日の作品
d0038294_21413148.jpg

蓮華の花 はがきとA4
by ai-bannri | 2007-04-19 21:41 | 荒磯のうた
AM 5:00 トイレ 痛くて見に行けない・・・ま、今はいいかな~
6:00 生姜湯150CC
10:00 さめた日本茶(魔法瓶がない) 薄皮饅頭
13:00 焼肉どんぶり。 りんご1/4
15:30 鹿児島のおやつ膨れ菓子 コーヒー
19:30 晩御飯 かぼちゃのとりそぼろ餡かけ、春キャベツのスープ。キビナゴの甘煮、さつま揚げ りんご1/4

今日は散歩にも行けなかった(大雨だった)ので塗り絵のはかどること。
d0038294_20251728.jpg

ポピー とてもきれいなので額に入れてみた。玄関を入るとすぐに目に付く。
花瓶など危ないものを取り去って殺風景だったのでちょうど良い。
今日はこの絵のはがき大のも塗って、孫に送った。

21:00 ポポンS2錠 せんべい1枚 白湯50cc
21:30 就寝
by ai-bannri | 2007-04-18 20:27 | 荒磯のうた

骨が・・・

柔道の山下泰裕選手に「骨が折れるだろうね」とお声を掛けられて。柔道は大変でしょう、の意だったのに、山下選手が「はい、2年前に骨折しましたが、今は良くなって頑張っております!

昭和天皇のお問いかけに山下選手が答えたものだ。

「お母さんの世話は骨が折れるでしょうね」と聞かれたら
「今、折れています」と応えそうだ。

腰の痛みは日にち病でそのうち軽くなると高を括っていたら、痛みの範囲が広がってきた。
痛くて寝付けられん。熟睡できない。
母がトイレに行った後に見に行くのが億劫だ。

いやだけれど病院に行くことにした。
コープの真向かいに最近出来たらしい整形外科医だ。
おびただしい車が並んでいる。
「待たされるんだろうなぁ・・」
問診表など記入していろいろ聞かれる。住所が離れているもの。
どこが痛いかちょっと聞かれて、(それだけかい?)と思ったら「次レントゲンです。」

写真を見ながらひどく若いドクター(?)がここのところが狭くなって神経を圧迫しかけています。(ヘルニアもどきかよ~~(ーー;))
本番のドクターが看護婦に「座薬忘れているよ」(それ、私が断ったんです)
座薬を持たされてトイレに。
帰ったら、「では、MRIを取ります。その前に注射をしますからね」(ーー;)

看護婦さん、MRIの前に骨密度を調べましょうね。
・・ハイハイ。もうおっしゃるとおりにします。
骨・・・とてもお粗末だった。_| ̄|○

骨の検査に10分、MRIで30分、なんだかとてもリラックスできた、痛み止めも効いてきたしね。
圧迫骨折と脊柱管狭窄症だった。

固定式のギブスをするというのに「それでは困るんです。91のお風呂の介助が要るのです。何とか取り外し自由自在なのにしてください」と頼み込んで午後からもう一度来てサイズを図ることにしてもらった。
 
帰宅したら12:30
簡単に食事を済ませて娘たちにメール連絡、
そやそや、同級生の親切君や優しいさんにもメールうっとこ。

夕食の準備をざっとしてまた病院に行く。
ギブスを作る会社の人がスタンバイしていて、私の注文を聞くと、圧迫骨折ですよ。悪くすると足が動かなくなって車椅子の生活になります、

ぎょっ!!
いやだ!

ああ、最新式の(?)ギブスを巻かれてしまったよ!
4週間したらこれをはずしてコルセットになります。
5万円ほど準備してください。7割は健保から返ります。後で。

身体も懐も痛いよ~

ギブスをはめたらとても楽だ。
by ai-bannri | 2007-04-18 14:23 | 荒磯のうた

7日目 4月17日

AM2:00 トイレ 後を見ると汚してはいない
5:00 トイレ 便座のカバーが濡れている。
昨日ダイソーでカバーを4枚ほど買ってきていた。いろいろな色がよかろうと思ったのだが白っぽいのは目立たないので触らないと気がつかない。青かピンクのほうが良い。
それに、同じ色のほうが母に気づかれずに代えることが出来る。
ほんのちょっとしたことでも、やってみないと気づかないことはあるもんだ。

6:30 しょうが湯と海老せんべい2枚

7:40 朝食 トースト 蜂蜜とブルーベリージャム オムレツ、焼きトマト、野菜サラダ イチゴ

バスタオルやらパジャマやらも洗濯をする。自分のものは自分でタオルの類は母に畳んでもらう。

10:20 お茶 草もち コーヒー牛乳150cc
お絵かき 今日はムスカリとパンジーの花。見本を見て塗っているのだが、うまいものだ
d0038294_1942489.jpg

この絵は14:00ごろ完成。
12:10 昼食 長崎皿うどん ちょっと手抜きで・・・

14:20 散歩に行く
携帯用の車椅子はタイヤが小さくて急な坂道を介助するにはとてもきつい。
今、腰痛もひどいので大変な負担がある。
前からほしいと思っていた自走用の車椅子はタイヤが大きくて介助するにもとても楽なのだ。
ひとつき前からオークションに参加していたが自分が値を吊り上げているときもあって1万円ぐらいでいつも断念していた。
でも、もう待ってはいられない。出品者の希望価格で落とせばすぐに落札できるのだ。
カワムラ自転車の新品(新古車のようなものだ)が17900円消費税、送料を入れても22000ほどで手に入る。先週の水曜日に落札して木曜に送金、金曜日に発送してもらったが、運送会社が悪かった「名鉄運輸」届いたのは昨日(pm8:00)
日曜日に使いたかった・・・・

しかし、1/3以下の値段で買えたのだからありがたいことだ。早速使うことにする。

ところが

部屋にでんと置いた車椅子を見て
「これ、誰が使うんじゃ?」
(あんたに決まっとろうが!)
私はシルバーカートがあったら歩けるよ。なんたらかんたら・・・
(ああ、説明すんのめんどくせ!)

今日、いざ外に出して待つと、またもや
「これに、誰が乗るんや?」
(わたしが乗ってどうすんねん(ーー;))

「このあたりは車の往来が激しくて安心して散歩できないからこれで出来るところまでいくのよ」
「私は歩けるのに・・・」どうたらこうたら・・・

言葉を使って理解させるのは骨の折れることだ。
それに、私は実はせっかちなのだ。

実践あるのみだ

車椅子にのせ杖を持たせていざ出発
住宅地の家々のきれいに植えられた花壇を愛でながら1キロほど歩いて小学校の隣の桜並木に向かう。
ここにきた次の日に車に乗せていったところだ。
車椅子から降ろして杖で歩いてもらう
d0038294_2013968.jpg
およそ60メートルほどを20分ほどかかってあるく。
大きな車椅子の意味が分かったかなぁ・・・と思っていると
「この杖より手押し車のほうが歩きやすいのに・・・あれを持ってくれば良かったなぁ」
ありゃりゃ・・・_| ̄|○

あれで散歩をするためには自動車に乗せないとだめでしょう、だから今日は杖で我慢してね

やれやれ、散歩が済んで車椅子に乗せてホットしたぜ
d0038294_2061993.jpg


帰ったら16:00 おやつタイム 黒糖饅頭、黒棒 せんべい コーヒー

17:00 お風呂 いつもの清武温泉、かなり上手に湯船に入れるようになった
「良い気持ちやなぁ。ありがたいなあK(息子)さんも来てここの温泉にはいたら良いのに」
虐待されても息子はかわいいんか?そうかい。とメールを送ったら「あまりに遠くて行けません]

18:40 夕食 鶏肉と春キャベツのスープ、白和え。ジャガイモのサラダ、五穀米いりご飯
by ai-bannri | 2007-04-17 11:46 | 荒磯のうた

6日目 4月16日

母の一日
2:00 トイレ
6:00 起床 トイレ
6:30 生姜湯 150cc 海老せんべい1枚

7:15 朝食 雑穀入りご飯 味噌汁(丁子麩、葱) キビナゴの甘煮、サトイモ お茶50cc

8:00 チューリップの絵の塗り絵 はがきとA4の用紙と2枚
d0038294_16421022.jpg

ほらみなさい。絵の具より色鉛筆のほうがずっときれいでしょうと言って自分の作品を惚れ惚れと見ている。

10:00 おやつ コーヒー牛乳 150cc かるかん饅頭1/2 イチゴのヨーグルトがけ

12:00 所要があって出かけたのでテーブルの上に用意しておく
 オムレツとおにぎり 付け合せにトマト

14:45 おやつ フルーツ入りゼリー コーヒー

16:50 ひどい風雨で散歩の予定がキャンセル、
雨の中家族湯に向かう
d0038294_1630772.jpg

清滝温泉:霧島市隼人町姫城 鹿児島空港からおよそ10キロ AM7:00~0:00
炭酸水素泉 家族湯 料金は家族400円 一人なら300円 土日は100円増し
d0038294_1051516.jpg
 
写真は清武温泉の家族湯の脱衣所
d0038294_10583349.jpg
 
浴槽。 畳一畳ほどの広さがある。
左右に浅い場所があって母が腰をかけるのにちょうど良い。
洗い場も広い。
子供3人ぐらいの家族なら5人いっぺんに入れる。
日当山温泉にはこんな家族湯がいたるところにある。
車を止めた目の前に入り口があるのがとても助かる。

帰り道、コープに立ち寄り一緒に買い物店内をうろうろして散歩代わりにする。
 
19:10 夕食 家主さんにもらった青菜と筍の白和え、たらの西京味噌漬け焼き、シュウマイ、野菜のふりかけ、しじみ汁、イチゴ
蜆を一粒一粒箸でとって食べている、「これは美味しくて身体にいいから」といいながら。

21:00 白湯50cc 黒糖饅頭1/2 ポポンS2錠
10:00 就寝
by ai-bannri | 2007-04-16 16:43 | 荒磯のうた

母の洗濯事情その2

朝起きたら洗面所にざっと洗った母のパンツがあった。トイレの便座カバーも濡れているし、床も汚している。カバーをはずして洗い、トイレの掃除もする、下着は洗濯籠に入れておく。

先日兄と会ったときに、義姉の兄に対する愚痴がすごいので「もっと家事も手伝っておあげ」と余計な口出しをしたら、「何を言うか、俺は十分やっている、茶碗も洗うし、風呂掃除もする、洗濯物も俺が干す。」と怒っていた。

母によると、「洗濯機を操作するのはA子さんだけれど、洗ったものをどんと(私の部屋の)テーブルにおいて二階に上がっていく。」
それを畳んで分けておくとK(息子)がやってきてハンガーに干してくれる。「私はハンガーにもう手が届かないからね。」
乾いたら兄が取り入れてくれるので母が畳んで分けてテーブルにおいておくとA子さんが取っていく。

あちゃー!!(゜o゜) _| ̄|○

洗濯についての苦情も何十回となく聞いている。

長旅ドライブの後報告の電話を入れたら
「今日も、朝、万里さんが来たからばたばたしてたでしょ(悪かったな)だから2回目のすすぎが済んでいないのに干そうとするのよ」

まだ終わっていないのよと言えーーーーってか自分で最後までしろ
恥ずかしくないか自分のパンツを夫に干させて、姑に畳ませるのが。
仕事はリタイヤしてるんだろ。

断っとくが義姉A子は悪人ではない。(善人でもなさそうだ)。普通の人でもないような気がする。


不思議な人だ。
by ai-bannri | 2007-04-16 08:47 | 荒磯のうた

5日目 4月15日

6:30起床 しょうが湯150cc
7:30 朝食 雑穀入りご飯 お味噌汁(ジャガイモ、シメジ茸、ワカメ)、キビナゴの佃煮風
昨日、ドライブの帰りに色鉛筆を買った。
お絵かきは色鉛筆のほうが私は良いのにとしきりに言うので。
朝起きたら早速にはじめている。拡大コピーをとった「りんご」
いろいろと混ぜたり白色は塗り残したりとハイテクだ。
d0038294_1710046.jpg

先日のアネモネは色を絵筆につけてあげてこう塗ってああしてとアドバイスはしたが。今日は「み」の字を入れただけ。
額縁とファイルを買って保存しておこう
このりんごの絵は14:30ごろ完成

10:00 お茶、煎茶150cc かるかん饅頭1/2 イチゴのヨーグルトがけ

12:30 昼食 肉じゃがと草もち

14:45 ポポンSを飲む習慣なので,無いとさびしいらしく買いに連れて行けというドラッグストアはだだっ広くて見つけにくい。店員に聞くと3人とも不思議そうな顔をする「シオノギ製薬」も知らないらしい。3人目に連れて行ってもらった棚に「あった」一個だけだが。
大丈夫か?新卒の男性社員。ガンバレ!

一昨日行った城山公園に行く
自力散歩 35分

16:30 かるかん1/2 ぼんたんふた切れ、インスタントコーヒー180cc

取り入れた洗濯物のうち母のものとタオルを畳んでもらう。

19:00 夕食 雑穀入りご飯、さつま汁、さばの西京漬 キビナゴ甘煮 白湯80cc

21:00 白湯50cc 黒棒3センチほど、ポポンS2錠

21:40 就寝
by ai-bannri | 2007-04-15 17:19 | 荒磯のうた
この家には洗濯機が無い。
自分のものなら薄いショーツとブラと着るか着ないかの肌着ぐらいは風呂のついでに洗う。
大きなものは大阪に持ち帰って洗っていた。

母とここに来た次の日に風呂の帰りにコインランドリーに立ち寄り洗濯物を入れ、しばらくしてとりに行くとふんわりと乾いているのを二人でたたんだ。

それをみて思うところあったのだろう。ややの間考えて、ぽつりと「コインランドリーは大阪にもあったのに・・・・とつぶやく。自分の洗濯物をためておいて、万里にもっていってもらえばよかった、そしたらA子さんも何も言わなかったのに。」

ディサービスの風呂を利用しても着替えた服とバスタオルなどは義姉があらう。
たまに母が漏らすと、大変な騒ぎである。
母は自分が漏らしたパンツや長パンツを軽く手洗いしてバケツの中に入れないとならなかったようだ。
漏らしたあと、私が実家に行くと大げさな口調で一部始終を報告する。
姉だけならまだ良いが(不愉快だが)兄までいう。
それを聞くと、毎日毎回粗相をしているように受け取れる。
いや、そんなことはないよ。数えるほどだ。
だって、4枚はいている下着のうち毎日変えるのは1枚だけで後は2日おきと2枚は3日に一度替えているのよと教えてくれたのはA子、おまいだろが。

大変だ、大変だと二人して大いに騒ぐはやめれ。

_| ̄|○ (洗えば済むことじゃないか)←心の中で・・・・

兄の長男が生まれたときは兄の家には洗濯機も無かった。
紙おむつなど名前すら知られていなかった。
バケツを使って一日20枚以上の汚れたオムツを誰に洗ってもらったのか。

A子さんは子供のオムツは洗ったことは無いからなぁ・・・・母
昔の話や私がしたことは・・・と母らしくないことを言う。
おい!もっと怒れ。
誰のおかげで今があるんじゃいと言え!

大阪に居るときはお母さんの言うとおり洗濯物は私がとりに行くよ。

レーズンのはいったパンも二子に焼いてもらって持って行くよ。
by ai-bannri | 2007-04-15 12:09 | 荒磯のうた

4日目 4月14日

AM5:00トイレ、寝ているときは補聴器をつけていないので何かを探しているのに、何を探しているのと聞いても反応は無い。時計を探していた、ふすまを開けて居間の掛け時計を見せて、5時だよ。

6;00 生姜湯 150CC

d0038294_20511288.jpg
7:15朝食 雑穀入りご飯、お味噌汁(豆腐、里芋、シメジ茸、葱)巣篭もり卵 白湯50cc

9:00 お茶タイム 黒棒 カステラ1/2切れ イチゴ 煎茶
d0038294_20525563.jpg

写真は二人分

今日は私の生まれた日なので何か記念になることをしようと、ドライブに誘う
20キロほど離れた蒲生町の大楠とその先にある藺無田池に。
蒲生町は父方の祖父の生まれたところだが、DVと金銭感覚の無い父を見限って里に帰った母からみたらあんまり関心も無いらしい。
親戚に金を貸してあるから取りに行って生活費にしろといわれて取り立てに来たことがあるらしい。それがどのいえかは、むろんきれいに忘れている。
誰がきたの?わたしよというが、待て!お兄ちゃんが高校生のときに行った先は大きい門が構えてあって・・・どうのこうのと話していたのを聴いた記憶があるぞ・・・・。

祖父は海軍に努めていた関係で父が生まれたのは呉だから、この土地は関係は無いといえば・・無い。
d0038294_21134731.jpg

樹齢1500年の大楠を見る91歳の母
楠の木に見送られて藺無田池(イムタイケ)に向かう。
平成の大合併で薩摩川内市になったけれど以前は祁答院町だった。・・・読めない町名だ=けどういんちょう=あとでいわれを調べてみるべぇ・・・
海抜およそ300メートルの火口湖である。周囲は4キロ
d0038294_21223073.jpg

12:30池のほとりに建っている[いこいの村いむた池」で昼食をとることにする。
天麩羅定食とイムタ池御膳を二人で食べる2100円。
ここでトイレを済ませてもらおうと進めたのに「まだいい」・・・ きれいなトイレなのに(ーー;)

車を遊歩道のある公園に煮まわして自力散歩をしてもらう。
200メートルほど歩いてゆくとトイレが目に付いたらしく
「こんなところに障害者用のトイレがあるわ、良かった」と安堵した声を出す。
おいおいオイ・・・さっきの拒絶はなんだったんだ?
でこぼこの坂になっているところをナンギして介助して(腰がイテェ)
トイレに二人で入って手伝ってやる(きっと我慢の限界だろから)
案の定・・・・・少し漏らしていた・・・_| ̄|○
とりあえず、見なかったことにして知らんぷりをする。

池のほとりで子供連れの家族が水鳥に餌をやっている。
売店で「白鳥の餌を買ってばらばらと蒔くと白鳥や鴨がいっせいに近づいてくる
d0038294_1057754.jpg

4月なのにおまいらは北国に渡らないのか?と思って売店の人に聞くと、「ここで生まれましたから」


母に反対側に車を回すからあっちのほうに歩いててねと50メートルほどのところの駐車場を指差して頼み自分は車にとって帰り回送する・・・・

ところが・・

母を見るともと来た方にせっせと歩いているではないか。
しかも異様に早い(゜o゜)
また、元の場所に車を戻して、母を連れに行く。
おい!今度は池のほうに行くな!
母をベンチに座らせて「じっとしていてね、絶対に動かないでね」と哀願、嘆願、厳命をして母のシルバーカートを押して車に帰り、トランクから旅車(車椅子)を取り出す(腰がいてぇ)
車椅子に乗せて無事に終了、やれやれ。

本日の自力歩行500メートル およそ1時間

4:00 お茶タイム レーズン入り蒸しケーキ1/2づつ キーウイとザボン少々 コーヒー

5:30 お風呂 今日は髪も洗う
3日前からはいているズボンを洗濯に出すべく新しいものを準備していた。
さてはかなり気持ち悪かったな

7:30 夕食 
私の誕生日なので上寿司を買ってきていた。それとキビナゴの刺身 お味噌汁 、煎茶

9:00 夜のお茶 薄い煎茶 かるかん饅頭1/2

10:00 就寝
by ai-bannri | 2007-04-14 21:23 | 荒磯のうた

むなしい心

草もちのために蓬の柔らかいところを選んでいる時に母の手から葉がこぼれて床に落ちる。
おぼつかない手で拾おうとするので「後で箒で掃いてきれいにするからいいよ」と声をかける。
母「習慣になっているんよ」A子さんに怒られるから。

10ヶ月ほどまえに、母の様子が大変だというので出かけてみたら、ご飯粒やパンくずをよくこぼす、ということだった。
理解の出来ないことだ。高齢者はそんなものだろう。
次の日に「今日はおばぁちゃん手製のまき寿司をもらった」と次女がいう。
料理がまだ出来るほどなら良いじゃないかと気に留めない妹を不満に思ったのだろうか、実家に行けば絶えず聞かされる。

40年以上も家事を一手に引き受けて弁当を作り、靴を磨いてハンカチにアイロンを当て、3人の乳飲み子にミルクを与えてオムツを洗い、幾千粒のご飯粒を拾って何百回のよだれをぬぐってやった報いがこれかとむなしくなった。
拾ってやればいいじゃんといおうものなら部外者には分からないのよという。

姑などは女神のような人でもいないほうが良いので義姉の気持ちは1/10ぐらいは分かるけれど同じ言葉で兄が言うのは許せない気持ちだ。
気がつけば拾ってやって見舞いに来る妹には「嫁さんが文句をたれるけれど気にするなよ」といってほしい。
義姉の不平不満を聞くだけなら少しは耐えられかもかもしれない。

ある日、細かいお金を持っているか?と母が聞くので、あるよと100円玉を1枚渡したことがある。
A子さん(義姉)にカステラを買ってきてもらったので払うのだという。
え?母のおやつは家族の食費のうちではないのか?
イカナゴの釘煮もおばぁちゃんしか食べないからおばぁちゃん出してと600円受け取ったという。
年金をもらっているから母だけが食するものは母の支払いになっているらしい。


高い給与をもらって法外な退職金をもらって平均以上の年金を受けているのは自分だけの功績なのか。
母の貢献は何も無かったのかとそれを聞いてむなしくなった。

手土産にもっていったおはぎをみやって「これはあんたにもらうけれどすまんね」という。
土産だから当たり前だよ。

私の思いが変なのだろうか、ここに来てくれた人はどう思う?

先々週、頼まれて留守番をしに行って用を済まして帰ろうと玄関に出たまさにその時に義姉が帰宅した。
持参したスープの仕上げのことなどを2,3言おうと口を開きかけたら聞く耳もあらばこそ、洗面所に入り込み掃除を始める。
どうしたのと問うと「ゆうべおばぁちゃんがここで痰をはいてそれが引っかかっているのよ」とごしごしごし・・・。
ま・・・・といいかける私に畳み掛けるように高齢者というものは喉が弱くなって痰も詰まるしと医学的講釈や自分がしてやったことや夫は無関心なことをえんえんという。
私は反論も出来ず割って入り込むことも出来ず「この人は夫の妹に何を求めているのだろうと」ぼんやりと考えていた。
「おかぁさん、もう帰るよ」と頼んで一緒に用事をしてもらった次女の声でやっと別れを告げられた。
持参した春キャベツのスープは美味しかったかまずかったか誰も今になっても何も言わない。



鹿児島に来て3日目のきのう「A子さんからなにか(安否を問う)電話でもあったか?」と母が聞く。
2泊で帰ると宣言していたので心配していると思ったのだろう

「何にも無いよ、誰からも」
兄は私の「メールは届きましたか」に返信はあった。「届きました」
母はしばし無言であった。
そして、「ベッドを買うお金はまだあるか」と聞いた
「まだ一杯残っているよ(安いベッドなら買えるよ)」

みんな疲れているんだろう
私は腰がまだ痛い。
by ai-bannri | 2007-04-13 17:27 | 荒磯のうた