神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri

2007年 04月 28日 ( 1 )

フェリーボートのラウンジに腰掛けてもらっていると中年の男性が斜め前に座り、、ポケットから煙草らしきものを出すと、それを見た母がいう。
顔をしかめて・・・・今はしかめてもあまり変化はないが。

母は刺激物に弱い、気管支も弱い。いつもぜーぜーゆっている。
煙草をl目の敵にしている。

唐突な母の言葉に
「は?」
前の男性が怪訝な顔をする。
室内は禁煙だからみんな心得ている。
「なにゆうとんねんテーブルに置いただけや」←たぶん心の声

私は慌てふためいて「すみませんすみません」
(くたばりかけた年に免じて堪忍してちょ)


10年ほど前に叔母も連れて佐渡に旅したことがある。
飛び乗った特急列車の禁煙車両まで7両ぐらいは抜けないと届かない。
3人分の荷物を持って怖い顔をして母と叔母の姉妹に告げた。

「煙草が臭いとか言ったらもう二度と一緒に旅行しないからね!」

だって二人とも耳が遠くて、話し声はでかいんだもの。

健康増進法が施行されて助かったよ。
by ai-bannri | 2007-04-28 02:34 | 荒磯のうた