神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

2006年 02月 06日 ( 1 )

2月4日ー東海自然歩道

住まいから少し北に行けば底は深い山の中だ。
海抜600メートルあまりの竜王山は箕面の山から嶺を続けポンポン山と名づけられた京都の山並みにいたっている。
東海自然歩道はちょうど明治100年にあたる昭和43年に計画が立てられて、東京都八王子市の「明治の森高尾国定公園」から大阪府箕面市の「明治の森箕面国定公園」までの11都府県約90市町村にまたがる長さ1697kmの長距離自然歩道が昭和49年(1974年)に完成した。

竜王山の中腹にもその道は通り、忍頂寺や隠れキリシタンの遺跡などがある
竜王山と阿武山の浦山の隘路に流れる川が安威川だ。
下って江口のあたりで淀川の支流神崎川に注ぐ。
その安威川にそって送ってもらった。

私の山歩きに「登る」という言葉は無い。d0038294_13126100.jpg



亀岡街道が安威川を渡ると登山道が渡れて東海自然歩道の案内板がある。
ここで車を降りるところだが勾配はきつそうなのであと100メートルほど進んでもらう。

横着なハイキングだ。


道はよく整理されて歩道と言っても舗装され車一台は通れるほどの幅もある。
今は葉も落ちているが桜の木が植えられて花見の頃は賑わうかもしれない。
杉の木立を通して対岸の山肌が削り取られてダム湖に沈む集落の代替宅地が白く見える。
d0038294_1381440.jpg


あまり陽も指さないのか昨日あたりに降った雪が道の端々に残っている。
めったに人も通らないのに軽トラックが1台ゴミを拾いながらゆっくりと走っているのを見た。

平坦な道がしばらく続き、もう少し高いところにある竜泉の滝への分かれ道もあるが私の辞書に「登る」という字句は無いのだ。
30分ほど歩くと急に視界が開け変電所の鉄塔や民家の屋根が見えてきた
遠くを見るとはるかに大阪駅付近の高いビル郡が目の高さに見える。
関西大学と書いた門があってバスが次々に入っていく。
ここが正門かと思えば、それは裏で下のほうに更に大きな入り口があった。
関大の総合情報学部だ
d0038294_1515253.jpg


やがてはここにスケートリンクも作られるらしい。
オリンピック選手を輩出する大学だ。
by ai-bannri | 2006-02-06 01:40 | 旅行