神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

心配事

鹿児島の家にはテレビは無いが低い音で鳴らしているラジオはニュースも拾い上げて知らせてくれる。
インターネットの速報を見れば、たった今あった重大ニュースも隣の家の出来事のようにとどく。
人気のある歌手と現職の大臣が死んだ。
松岡さんは毀誉褒貶それぞれだがメディアは悪口ばかりを言い募るので聞き続けると眉はつばでいつも濡れている。
農政には英知を発揮して悪い印象をぬぐってほしかった。
  
合掌


年金制度が施行されたとき、母の住民票は自分のところにあった。教えてくれる人があって手続きをして掛け金を払った。
月額にして100円だった。

親戚の年寄りは1円も払わずに年金を受給して
「お上のおかげで焼酎代が助かる」と喜んでいた。
1000円だといっていたが、支給は2ヶ月に一度だから月額500円だったんだろうか。
大学卒の給料が15000円ぐらいのころだ。

母は仕事をやめて兄の扶養家族になり家事一切を任されてはいたが兄夫婦の家計も潤沢ではなかったのだろうか、いつも「小遣いに不自由している」とぼやいていた。
食材をケチってへそくりをすればよかろうと今では思うが、母の性分では100円で買ったものを150円したと言えない。

姉と暮らしている私たちのところに日曜日の毎に泣きに来るので、たまにはバスツアーに連れ出していた。
一人でも参加できる百貨店の友の会などを教えてやって1年ほどは会費を払ってあげた。
やがて姉も私も結婚して母の愚痴どころではなくなったし、義姉も「義母に小遣いをわたす」事に気がついて、母の旅行は日本全国を網羅するようになった。
65歳で年金の受給が始まったときにはとても喜んでいた。
「万里のおかげだ」といわれたときは何のことかと思ったが手続きをとって月100円の掛け金を払ったことだった。

そのころから母から孫たちに祝い金が来るようになった。
内孫も外孫も差別なくきっちりと忘れずに。

年老いてからは日にちのかかる旅行や海外はいつも付き添っていたが全部母の積み立てた年金がその資源だった。

今、国民の年金は数多くの問題を抱えているがマスコミや野党の政治化がこぶしを振り上げているのは違和感がある。
事務管理のしかたを民間の銀行とと比べているが、社会保険庁の仕事ぶりも国会で論じてみろ。


母が兄の家で家事が出来なくなって、「面倒をみてもらう」状態になっていらい私の憂鬱は富士山よりも高くフィリッピン海峡よりも深くなった。

兄の言動もつじつまが合わなくなった。
母が元気なころは彼女の老後の話に及ぶと、金はいくらでも出すというかと思えば、いまはディサービスの料金にさえ敏感になっている。

大都会で母の終の棲家を準備するには大金が要るが、故郷のここならばわずかの資金で済む。
それでもベッドを買ったり車椅子を手に入れたりさまざまなことがあって、母は私の困窮をみやって大阪に帰ったときにお礼もかねてと少し余分にくれた。
年金を蓄えているといっても高が知れている。
誰からも援助がなければ母と自分のわずかばかりの個人年金が頼りなのだ。

痛めたからだがよくなるまではと一人で帰った私のパソコンに後を追うようにして兄からのメールがあった。
母の預金通帳の記載金額と財布の中身が合わない。
「介護は名目で目的は母の金だったか」とわずか3行。
あいさつ文も、身体の気遣いも何も無いメールだった。

余分に貰ったのは10万円ほどだ。

甥に言わせればお互いのコミュニケーション不足が因だというが。それは無理な相談だ。
あの二人は自分の思いを言うだけで人の言葉を聞く耳は無いのだから。

こんなことを思われていた抱けでも腹が立つが、母の言い分も不愉快だ。
貸せといわれたから貸した→→万里はお金が無いのでかわいそうだからあげた。

『全部おろしてあんたの好きにして・・・・』なあんて言っていたくせに。

腹が立ったついでに昔のことも思い出した。

嫁姑で義姉が兄に不平を言うと兄がすぐ反応して母を責める。
すると母は「それでも、万里がそういうた」
で、兄はいつ会っても私を猜疑の目で見る。

勘弁してくれ。日本各地放浪の猛烈社員の妻で4人の子供を抱えて耳の遠い母親に電話などかける暇があるかいな。

へんてこなメールを貰ったショックが大きくて一月ほどをポカ~ンと過ごしていた。
ほんとうは20日ごろに息子に母を連れて来てもらおうと思っていたが、甥に言わせると「あんたの息子一人では信用ならん」らしい。
それもまあもっともではあるので、また大阪に帰ることにした。
明日、息子が迎えに来てくれる。
3日ほどこのあたりを観光してもらって、ハンドルを時々盛ってもらって陸路を取って大阪に。

母の介護は困ったことではあるが、もうひとつ心配事がが増えた。

およそ、ひとを不快にさせるメールなりはがきなりだすときは推敲しないかなぁ???
タイピングミスで「KAIGO」を「KIGO」とうって「季語」に変換されているのに気がつかないなんて、そんなことをするような人ではない・・・・兄の精神状態は大丈夫なんだろうか。

電話先で私の様子を察した息子が「伯父さんの心配は伯父さんの家族がするんやで、余計な心配なんかしんどけよ」
by ai-bannri | 2007-05-29 00:12 | 日記・あれこれ