神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

母の洗濯事情その2

朝起きたら洗面所にざっと洗った母のパンツがあった。トイレの便座カバーも濡れているし、床も汚している。カバーをはずして洗い、トイレの掃除もする、下着は洗濯籠に入れておく。

先日兄と会ったときに、義姉の兄に対する愚痴がすごいので「もっと家事も手伝っておあげ」と余計な口出しをしたら、「何を言うか、俺は十分やっている、茶碗も洗うし、風呂掃除もする、洗濯物も俺が干す。」と怒っていた。

母によると、「洗濯機を操作するのはA子さんだけれど、洗ったものをどんと(私の部屋の)テーブルにおいて二階に上がっていく。」
それを畳んで分けておくとK(息子)がやってきてハンガーに干してくれる。「私はハンガーにもう手が届かないからね。」
乾いたら兄が取り入れてくれるので母が畳んで分けてテーブルにおいておくとA子さんが取っていく。

あちゃー!!(゜o゜) _| ̄|○

洗濯についての苦情も何十回となく聞いている。

長旅ドライブの後報告の電話を入れたら
「今日も、朝、万里さんが来たからばたばたしてたでしょ(悪かったな)だから2回目のすすぎが済んでいないのに干そうとするのよ」

まだ終わっていないのよと言えーーーーってか自分で最後までしろ
恥ずかしくないか自分のパンツを夫に干させて、姑に畳ませるのが。
仕事はリタイヤしてるんだろ。

断っとくが義姉A子は悪人ではない。(善人でもなさそうだ)。普通の人でもないような気がする。


不思議な人だ。
by ai-bannri | 2007-04-16 08:47 | 荒磯のうた