神々の鎮座まします霧島の山々を宮崎県の側から眺めます


by ai-bannri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

祈り

知らせがあって、姉の夫だった人が難病に罹って重篤だという。


姉の死後、いくらもたたないうちに再婚を強要されて、忘れ形見をいつくしんでくれたその人を、思春期のさなかに離縁して気のすむ人と一緒になった「義兄」を少し醒めた目で遠くから見ていたけれど、こんなことになるなんて。


願いはひとつしかなかったのに。
姉の分も長く生きて欲しいと思っていた。
生みの親は一人しかいないのだもの。

なくなった人のことを思うと、最近はドラマにも流さない涙があふれてくる。
姉と同じ時間を過ごした人は愛憎の区別なく長く生きて欲しい。
忘れないで欲しい。
たとえ塵ほどであったとしてもその人の思い出の中にあるならば、

見ているならば、お姉さん。おねえさん
助けてあげて。
by ai-bannri | 2006-07-16 00:03 | 荒磯のうた